公立美術館「大原美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「大原美術館」の基本情報について解説します。

公立美術館「大原美術館」は、岡山県倉敷市にあり、1930年(昭和5年)に開館された公立美術館です。


はじめに

今回ご紹介する公立美術館「大原美術館」は、岡山県倉敷市(倉敷駅近く)にあり、1930年(昭和5年)に開館された公立美術館で、収蔵作品数は、約3,000点と公表されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「大原美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「大原美術館」の沿革について

公立美術館「大原美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「大原美術館」は、1930年(昭和5年)に公立美術館「大原美術館」が開館され、日本で最初の西洋近代美術館が倉敷市に誕生しました。

1943年に公立美術館「大原美術館」の創立者「大原 孫三郎」氏が逝去され、1949年に皇太子殿下が台臨、1950年に開館20周年記念行事が開催、1955年に開館25周年記念行事が開催、1956年に皇后陛下が行啓されました。

その後、1960年に開館30周年記念行事が開催、1961年に新渓園内に建設中の分館が完成、竣工式が挙行、陶器館の開館式が開催、1963年に芹沢けい介染色館、棟方志功板画館が完成、1965年に開館35周年記念行事が開催されました。

1970年に東洋館が完成、開館40周年記念行事が開催、1972年に児島虎次郎室が開館、1973年に入館者数が100万人を達成、1980年に開館50周年記念行事が開催、

1991年(平成3年)に本館増改築工事が完了しました。

1998年に入館者数が2,800万人を突破、2002年に入館者が3000万人を達成、2010年(平成22年)に創立80周年記念行事が開催され、2011年(平成23年)に財団法人から公益財団法人へ移行されました。

公立美術館「大原美術館」の概要について

公立美術館「大原美術館」は、公益財団法人大原美術館が運営する公立の美術館です。

本館は、岡山県倉敷市にあり、広さ564.49平方メートル、収蔵資料は3,000点で、常勤役職員が平成26年3月31日現在で2名です。


また、平成25年度の来館者数は、29万9,012人です。

▼参考URL:https://kuratoco.com/ohara_museum/

公立美術館「大原美術館」の施設・展示について

公立美術館「大原美術館」には、本館、分館、工芸・東洋館があります。

「本館」には、1階と2階にそれぞれ展示室が2つあります。

「分館」には、地下1階の展示室と1階の大絵画展示室があります。

「工芸・東洋館」には、工芸館に浜田庄司展示室、東洋館に展示室、石仏展示室、芹沢圭介展示室があります。

現在開催中および今後開催予定の展覧会は、下記の通りです。

1)展覧会「ARKO2019黒宮菜菜」
会期:2019年10月1日(火)~12月27日(金)
会場:大原美術館 本館

2)展覧会「アンリ・マティス(肱つく東洋の女)」
会期:2019年10月1日(火)~12月27日(金)
会場:大原美術館本館 第1展示室

3)展覧会「AM倉敷Vol.16 ワタリドリ計画ー絵から旅する大原・岡山ー」
会期:2020年1月1日(水・祝)~3月15日(日)
会場:大原美術館 本館各所

公立美術館「大原美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「大原美術館」のシンボルマークに関する情報については、確認できませんでしたが、ホームページ上では、円の中に美術館を描いた図形がロゴマークとして使用されています。

公立美術館「大原美術館」の館長について

現在の公立美術館「大原美術館」の館長は、「高階 秀爾(たかしな しゅうじ)」さんです。

「高階 秀爾」さんの経歴は、1953年(昭和28年)に東京大学教養学部教養学科を卒業、1954~1959年にフランス政府招聘留学生として渡仏し、パリ大学付属美術研究所およびルーブル学院で西洋近代美術史を専攻、帰国後、国立西洋美術館主任研究官に就任しました。

その後、1967年に遠山一行、江藤淳と雑誌『季刊藝術』を創刊、1968年(昭和43年)に日本文化会議に参画、1971年に東京大学文学部美術史科助教授に就任、1979年に同教授に就任しました。

1981年にフランス芸術文化勲章シュヴァリエ章を受賞、1989年 にフランス芸術文化勲章オフィシェ章を受賞し、1992年(平成4年)に定年退官、名誉教授、国立西洋美術館の館長に就任しました。


1997年にパリ第一大学名誉教授に就任、2000年に紫綬褒章を受賞、2001年にレジオンドヌール勲章シュバリエ章を受賞した後、2002年(平成14年)に公立美術館「大原美術館」の館長に就任しました。

なお、「高階 秀爾」さんは、公立美術館「大原美術館」の第4代目の館長です。

公立美術館「大原美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「大原美術館」は、岡山県倉敷市にあり、最寄り駅は、倉敷駅です。

開館時間は、9:00~17:00です。

休館日は、毎週月曜日(祝休日の場合には開館)、12月28日~31日です。

詳細な情報については、公立美術館「大原美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:https://www.ohara.or.jp/visitor_info/

公立美術館「大原美術館」の入館料について

普通入館者は、一般は1,300円、大学生は800円、高校・中学・小学生は500円で、団体入館者は、一般は1,200円、大学生700円、高校・中学・小学生は300円です。

なお、小学生以下および身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ち方は無料です。

詳細な情報については、公立美術館「大原美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:https://www.ohara.or.jp/visitor_info/

公立美術館「大原美術館」の職員数について

平成25年度の公立美術館「大原美術館」の職員数は、37名です。

▼参考URL:http://www.ohara.or.jp/201001/jp/etc/jigyo/H25_jigyo.pdf

公立美術館「大原美術館」の採用情報について

現在は募集がなく、過去には2015年に短期契約職員(学芸員)の募集がありました。

▼参考URL:http://www.ohara.or.jp/201001/jp/D/saiyo_2015.pdf

公立美術館「大原美術館」の財務状況について

平成25年度の、公立美術館「大原美術館」の運営費は、3億5,878万5,627円でした。

その主な内訳は、入館料、図録売上代などです。

▼参考URL:http://www.ohara.or.jp/201001/jp/etc/jigyo/H25_jigyo.pdf

まとめ

以上、公立美術館「大原美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。


公立美術館「大原美術館」は、倉敷市の資産家である「大原 孫三郎」氏が洋画家の「児島 虎次郎」氏に託して収集した西洋美術、エジプト・中近東美術、中国美術などの作品を収蔵している公立の美術館です。

公立美術館「大原美術館」のウェブサイトのURL

https://www.ohara.or.jp/

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2021年8月18日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG