公立博物館「岡山県立博物館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「岡山県立博物館」の基本情報について解説します。

公立博物館「岡山県立博物館」は、岡山県岡山市にあり、1971年(昭和46年)に開館された公立博物館です。


はじめに

今回ご紹介する公立博物館「岡山県立博物館」は、岡山県岡山市(城下駅近く)にあり、1971年(昭和46年)に開館された公立博物館で、国宝の鎧、国の重要文化財の絵画、刀剣、考古資料等を収蔵しています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立博物館「岡山県立博物館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立博物館「岡山県立博物館」の沿革について

公立博物館「岡山県立博物館」の沿革についてご紹介します。

公立博物館「岡山県立博物館」は、1966年(昭和41年)に岡山県博物館設立懇談会が結成、同博物館建設基金条例が制定、同博物館建設専門委員会が結成、1967年に同専門委員会より報告書が答申されました。

同年に同博物館建設促進協議会が結成、建設計画、資金計画、候補地等が審議検討されて側面から協力を得ると、1969年に同博物館建設連絡会議が結成、1970年に同博物館設立準備事務局が設置、実施設計が完了、建築工事が着工されました。

1971年(昭和46年)に建築工事が完工、岡山県立博物館条例の公布された後、公立博物館「岡山県立博物館」が開館されました。

1972年に常陸宮殿下御夫妻、三笠宮寛仁親王殿下、1977年に皇太子殿下、美智子妃殿下、浩宮殿下、1988年に浩宮殿下が来館されました。

2004年(平成16年)に公立博物館「岡山県立博物館」友の会が設立、2005年にデジタルミュージアムが公開、2007年に指定管理者制度が導入、2009年に博物館UD化推進事業(3年計画)として玄関自動ドア、来館者用エレベーター、点字誘導ブロックが設置されました。

2009年に同事業の一環として来館者用トイレが改修、2010年に同事業の一環として車椅子使用者対応の受付カウンターに入替、2011年(平成23年)に同事業の一環として階段2段手すりが設置されました。

公立博物館「岡山県立博物館」の概要について

公立博物館「岡山県立博物館」は、岡山県が運営する公立の博物館です。

岡山県岡山市にあり、広さ4,603平方メートル、国宝の鎧、国の重要文化財の絵画、刀剣、考古資料等を収蔵しており、常勤役職員については、確認できませんでした。


また、2008年(平成20年)度の来館者数は、4万2,506人です。

▼参考URL:http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/common/content/000113478.pdf

公立博物館「岡山県立博物館」の施設・展示について

公立博物館「岡山県立博物館」の施設は、第1~第4展示室があります。

現在開催中および今後開催予定の展覧会は、下記の通りです。

1)展覧会「古代吉備の世界ー岡山県内出土の考古資料ー」
会場:第1展示室

2)展覧会「特別陳列 おかやま人物事典 国学者 藤井高尚」
会期:2019年11月15日~12月22日
会場:第2展示室

3)展覧会「桃山時代の屏風」
会場:第2展示室

4)展覧会「冬支度」
会場:第3展示室

5)展覧会「岡山の歴史早わかりコーナー」
会場:第3展示室

6)展覧会「奉納刀」
会場:第4展示室

7)展覧会「備前焼の歴史」
会場:第4展示室

公立博物館「岡山県立博物館」のキャッチコピー・シンボルマークについて

公立博物館「岡山県立博物館」のシンボルマークに関する情報については、確認できませんでした。

公立博物館「岡山県立博物館」の館長について

現在の公立博物館「岡山県立博物館」の館長は、「山田 寛人(やまだ ひろと)」さんです。

「山田 寛人」さんの経歴、および公立博物館「岡山県立博物館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立博物館「岡山県立博物館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立博物館「岡山県立博物館」は、岡山県岡山市にあり、最寄り駅は、城下駅です。


開館時間は、夏季(4月~9月)は、午前9時~午後6時で、冬季(10月~3月)は、午前9時30分~午後5時です。

休館日は、月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始、展示替え期間です。

詳細な情報については、公立博物館「岡山県立博物館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:http://www.pref.okayama.jp/site/kenhaku/list550.html

公立博物館「岡山県立博物館」の入館料について

普通入館者は、一般は250円、65歳以上は120円で、団体入館者は、一般は200円、65歳以上は100円です。

なお、高校生以下は無料です。

詳細な情報については、公立博物館「岡山県立博物館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:http://www.pref.okayama.jp/site/kenhaku/628013.html

公立博物館「岡山県立博物館」の職員数

公立博物館「岡山県立博物館」の職員数については、確認できませんでした。

公立博物館「岡山県立博物館」の採用人数

現在は募集がなく、過去の情報もみつかりませんでした。

公立博物館「岡山県立博物館」の財務状況について

公立博物館「岡山県立博物館」の運営費については、確認できませんでした。

まとめ

以上、公立博物館「岡山県立博物館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立博物館「岡山県立博物館」は、岡山県政100周年記念事業の一環として、吉備国をはじめとする岡山県域の文化遺産を収蔵・保存・展示している公立の博物館です。

公立博物館「岡山県立博物館」のウェブサイトのURL

http://www.pref.okayama.jp/site/kenhaku/

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2021年8月23日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG