青森県で働く「消防士」に関する仕事内容・給料レポート

青森県で働く、男性の「消防士」によるキャリアレポートです。

今回は、その仕事内容や一日のスケジュール、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについて、インタビューしたものを編集して掲載します。

はじめに

青森県で働く、男性の「消防士」によるキャリアレポートです。

レポート者のプロフィール

公務員としての職業・勤務先:消防士 / 青森県
性別:男性
雇用体系:正規雇用
所有資格:普通自動車免許、大型自動車免許、危険物乙種4類、潜水士

「消防士」を目指した理由

小学生の時、自宅の近所で火災があり、間近で消防士の活動を見て憧れました。また、地方公務員ということもあり、生まれ育った故郷の地域住民の方々のために、仕事をすることがすることができると思い、目指しました。

「消防士」の仕事内容について

現在は分遣所で24時間勤務をしており、2交代制です。

仕事の内容は、火災が発生した際の「消火活動」はもちろん、火災で建物内に取り残されたり、交通事故や低所へ落下した要救助者を救出する「救助活動」、救急現場での傷病者への応急手当や病院搬送を適切に行う「救急活動」など、多種多様です。これらの災害に対応することができるよう、日ごろから様々な訓練を行っています。

また、火災を未然に防ぐ、いわゆる予防の業務もあります。それは、各事業所で行われている消防訓練に出向き講評を行う、また、火災予防運動の機関には、消防展を開いて広報、啓発活動を行う、各事業所に設置されている消防用設備(消火器や誘導灯など)や訓練の実施状況を確認する査察(立入検査)を行うなどです。

さらに、一般住宅に設置が義務付けられている住宅用火災警報器の設置状況を調査するために、一軒一軒住宅を回って聞き込みを行っています。体が資本ではありますが、事務仕事も多くあります。

「消防士」の1日の仕事の流れ

7:00 自宅を出て自動車で通勤する

7:45 到着

8:15 業務申し送り、勤務交代

8:45 隊の業務申し送り

9:00 各車両整備、資機材点検整備

10:00 各種事務、各種訓練、各種教養、警防調査

12:00 昼食、昼休憩

13:00 各種事務、各種訓練、各種教養、警防調査、体力錬成

18:00 夕食、休憩

19:00 各種事務、各種訓練、各種教養

21:00 業務申し送り

22:00 交代で仮眠、起きている者は各種事務、各種教養、庁舎内外巡回

6:00 起床

6:30 各車両整備点検、庁舎内外清掃

7:15 朝食、無線定時試験

8:15 業務申し送り、勤務交代

8:30 職場を出て自動車で帰宅

上記が1日の基本的な流れですが、あくまで災害がなかった場合です。

「消防士」の給料・残業・有給休暇について

月給は約24万円で、祝日手当や夜間勤務手当などの特殊勤務手当等がつき、毎月ばらつきがあります。ボーナスは年2回で1回当たり約40万円で、年収は約500万円でした。前日の出動によっては、翌日の勤務交代後も残って、事務処理を行うこともあります。

この仕事で、働いているときに困ったこと

災害はいつ起こるかわからないので、最初のうちは、1日中気を張って常に緊張していました。気が休まらず、勤務が終わって帰宅すると、すぐに寝て、目が覚めると朝になっていて、そのまま勤務に行く、ということが何度もありました。

とくにキツイのは、仮眠中の夜中の出動です。いくら眠くても、出動指令が出れば場所を確認してすぐに出動しなければならないので、頭が働かない状態で出動したこともあります。普段の業務と出動指令がかかったときに、スイッチのオンオフが大事だと思います。

この仕事や職場でよかったこと

公務員なので収入が安定しており、ボーナスもしっかり貰うことができています。休暇についても、有給休暇、育児参加休暇、結婚休暇など取ることができますし、寒冷地手当や住宅手当など、手当の面もしっかりしていると思います。

体が資本の仕事なので、年2回の健康診断も受診できますし、インフルエンザのワクチンの助成金を出してくれるなど、助かっています。あと余談ではありますが、当消防本部は、夕食の賄いを若手職員が作り、みんなでそろって食事をするので、料理の腕が上がります。

「消防士」の仕事エピソード

災害現場において、地域住民の方から感謝してもらったり、ねぎらいの言葉をもらったりすると、とてもうれしく思います、住民の方々の生命、身体、財産を守ることを使命としていますので、それを守ることができたときは、うれしく思います。

災害現場は一つとして同じものはありません。自分の知識不足で、災害現場で思うような活動ができず、先輩に怒られたことは多々ありますし、危険な目にあったこともあります。しかし、その失敗をもとに、似たような災害が来た時に応用が利くようになるので、いろいろな経験をすることが大事だと思っています。

「消防士」の職場恋愛について

現在、私の勤務している分遣所には女性職員がおらず、職場恋愛というものはありません。全国的に女性消防職員は増えてきているようですが、当消防本部には女性職員が少ないので、職場での結婚や恋愛という話は聞いたことがありません。

これから女性職員が増え、そのような職場恋愛は増えてくるかもしれません。現在は、消防という仕事柄、病院との接点が多く、私の周りには看護師と付き合う、もしくは結婚しているという人がたくさんいます。

まとめ -「消防士」を目指す方へメッセージ

大変な仕事ですが、やりがいがある仕事なので頑張ってください。

本記事は、2020年4月3日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG