大阪府で働く「消防士」に関する仕事内容・給料レポート

大阪府で働く、男性の「消防士」によるキャリアレポートです。

今回は、その仕事内容や一日のスケジュール、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについてインタビューしたものを編集して掲載します。

はじめに

大阪府で働く、男性の「消防士」によるキャリアレポートです。

レポート者のプロフィール

公務員としての職業・勤務先:消防士 / 大阪府
性別:男性
雇用体系:正規雇用
所有資格:普通自動車免許

「消防士」を目指した理由

子供の頃からなりたかった職業で、憧れがありました。昔から、サイレンを聞くと、野次馬のように、現場に足を運んでいました。男として、カッコよさもあり、目指しました。

「消防士」の仕事内容について

勤務は重労働ですが、休みもきちんと確保されています。最近話題のブラック企業とは、全く違います。勤務は、朝からと、夜からの、2班制になります。朝からの勤務ですと、掃除を行い、体を動かして、いつでも要請があれば出動できる準備を行います。

その準備の中には、自分の制服の点検や、消防車の点検など、機器の点検が多くあります。点検は単純作業ですが、いざ、消火活動や救出活動の時に、不備があると大災害に繋がりますし、2次被害になりかねません。よって、点検は怠らず毎日丁寧に行います。

あとは、体を動かして待機する。体を動かさないと、素早い動きや対応が難しくなるので、決して妥協はしません。また、天候や交通状況の情報も集めます。事故を未然に防ぐことは、かなり難しいですが、予測をし対策などを立てることは、十分にできます。

その他は、訓練にかなりの時間費やします。また、後輩などの指導もしなければいけません。救助や消火などの活動は、決して一人でできませんので、チーム力を高める時間も作ります。

「消防士」の1日の仕事の流れ

大きくは2部制になっていて、班制で朝からと夕方からの勤務のチームによって異なります。朝からの勤務は、6時から働くことが多いです。夕方からの勤務は、17時から働くことが基本です。

朝から朝、夕方から夕方の1日勤務で、翌1日休みというシフトになっています。消防隊員は、常に気を張っていないと、いけない職業だと思いますので、長時間働くことができません。休憩時間もありますが、時間帯はとくに決まっていません。

その理由は、緊急出動がありますので、毎回同じ時間に休憩をとることが出来ません。他の班のこともありますので、隊長が判断することが多いです。他の班と交代しながら休憩をしています。待機時間がありますので、休憩時間がないという日はありません。必ず、確保されています。

「消防士」の給料・残業・有給休暇について

基本的には、残業がありません。大きな火災や災害があれば、条件が変わると思いますが、隊員の体は、長く持ちませんので、定時で終わることが基本です。

そして、有給もあります。簡単に取ることもできますが、海外や管轄外で休暇するときは、申請を出すことが必要です。

この仕事で、働いているときに困ったこと

働いている時に困っていることは、疲れが取れにくいことです。身体的にもそうなんですが、心の部分の負担も、すごくあります。

それゆえに、1日働くと1日休みという、勤務体制になっていると思います。現場で厳しい救助活動を行えば、当然ながら疲労が、かなりあります。それを癒すためや、排除するために、多くの時間と、お金を使うことが困っていることです。

健康に対して不安があり、健康食品に頼ることもあります。しかし、働きがいがあるので、消防隊員を続けることが出来ています。

この仕事や職場でよかったこと

給料は安定していますし、多いくらい頂いていると自負しています。また、消防隊員だからこそ、割引制度が充実していることがよくあります。ジムなども優待サービスあります。

お金の面でもサポートされていますし、管理もしっかりしているので、将来を安心して日々生活できることが、恵まれています。また、自己管理をきちんとできるようになり、生活習慣が変わりました。また、たくさんの人から尊敬や、応援されることが、力になります。

「消防士」の仕事エピソード

大変なことは、訓練です。もちろん、訓練よりも現場の方が厳しいのですが、訓練はそれ以上に厳しい状況が設定されています。本当に辛い日々です。

火災現場で、決して失敗しないように、厳しく、そして、自分を追い込むのですが、火災訓練で自己管理のミスを犯してしまいました。訓練にも関わらず、熱中症になってしまい、チームに迷惑をかけてしまいました。

もしも、現場でそのようなことになると、チームメンバーの命も危ないことになります。日頃の体調管理が甘かったことが、失敗したことです。大変なこともありますが、人を助けるために日々、訓練を厳しく行うことが大変です。

「消防士」の職場恋愛について

職場恋愛は少なく、ほぼ0といっても過言ではありません。消防隊員に女性が少ない、ということが、一番の理由だと思います。また、女性は事務作業などを中心に仕事をされていますので、なかなかお話する機会が少ないです。

職場外では、凄くモテルことが多いです。消防隊員というだけで、合コンなど先輩から誘われますので、出逢いは凄くあります。夜の遊びも教えて頂けることもあります。女性の反応は凄くいいので、良い出会いが多いことがメリットです。

まとめ-「消防士」を目指す方へメッセージ

人を助けることは辛いことですが、あなたを待っているひとが必ずいます。共に頑張りましょう。

が、あなたを待っているひとが必ずいます。共に頑張りましょう。

本記事は、2020年3月9日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG