神奈川県で働く「消防士」に関する仕事内容・給料レポート【Dさんの場合】

神奈川県で働く「消防士」による、キャリアレポートです。

今回は、その仕事内容や一日のスケジュール、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについてインタビューしたものを編集して掲載します。

はじめに

神奈川県で働く「消防士」による、キャリアレポートです。

レポート者のプロフィール

公務員としての職業・勤務先:消防士 / 神奈川県
性別:男性
雇用体系:正規雇用
所有資格:なし

「消防士」を目指した理由

職業適性検査で、自分に向いている職業であったということと、周りの友達で働いている人がいたので、話を聞いてというのが主な理由です。

「消防士」の仕事内容について

まだ、入社して間もないので、今は1日の流れに慣れる事が、まず課題で、本当に体力と精神的が、かなり強くないと務まりません。

消防士といっても、火災の火を鎮火する仕事だけではありません。交通事故や、怪我をした人から119番通報を受けたら、出動しなければなりません。そして、その方を医療機関へ搬送します。その任務が割と多いと、働いていて感じます。

あとは、災害現場などに赴くこともあります。最近は自然災害が多いので、予期せぬ災害が起こることが多々あります。その時は救助に当たります。

まだ、この災害現場へは赴いたことがありませんが、意外とこの仕事は過酷だと先輩に伺いました。現地での寝泊まりや食事をとるということになるので、自分自身も被災者と同じ生活をします。やはり、体力的にも、かなり大変ですし、色々なシーンに直面しますので、精神的にも強くいなければ参ってしまうような現場です。

あとは、小学校などに消防車で行って、啓蒙活動をしたりしています。この仕事に憧れを持っている、子供たちに会えるのは、とても嬉しいです。

「消防士」の1日の仕事の流れ

主な勤務時間

6時00分 起床
朝走るなどのトレーニングや筋トレをし、しっかり朝食をとります。

7時30分 自転車で出勤

8時30分 勤務
夜勤務の人と交代します。

12時00分 お昼休憩
外食はしないので署中で食べます。だいたい、通勤途中に買っていきます。

13時00分 業務
救急などの要請があれば出動します。要請がないときは、ミーティングや設備点検や清掃などをします。

17時00分 食事

18時30分 ミーティングなど

23時00分 仮眠
制服のまま仮眠します。
基本自由ではあるので、すぐ出勤できるようにしていれば大丈夫です。携帯ゲームをしたり、お菓子を食べたりしています。

8時30分 勤務交代
朝来た人と交代します。

この日は非番といって救急要請があったら出勤す、る休みのような休みでない日です。

「消防士」の給料・残業・有給休暇について

月給は約25万円(諸々手当込み)です。ボーナスは約50万円で、年収は約350万円です。残業が多い月は、とても多いです。

明日にしよう、ということができない現場なので、残業はどの職業よりも、あるような気がします。有給休暇は、先輩たちの目もあり、取りづらい傾向です。

この仕事で、働いているときに困ったこと

前にも少し述べましたが、24時間職場にいることになるので、職場の勤務形態に慣れるまで、かなりしんどかったです。23時頃から仮眠の時間にはなりますが、気は休まりませんし、次の日の非番も1日気が休まらないです。

今は少し慣れてきて、非番の過ごし方もだいぶ慣れてきましたが、初めはストレスに感じることが多かったです。

あと、新人は有給の申請がしづらいです。どうしても、連休のようになってしまうので、申請しづらいのと、長期休むとその間、身体も結構しんどくなるので、そのギャップも大変です。

この仕事や職場でよかったこと

諸手当が結構あります。実際の基本給が少なくても、諸々の手当てで、それなりの金額があります。将来的にも安心出来るような、貯金もできますし、その辺はいいかなと思います。

あとは、家庭を持った時には、いろいろ自分の知恵を使って、家族を守っていけるかなと思います。

また、実家に帰ったりすると、親戚の子たちがこぞって「消防士のお兄ちゃんだ」と、話を聞きにきてくれることが、個人的にはとても嬉しいです。両親もそれをみて、嬉しそうなので、なってよかったなと思います。

「消防士」の仕事エピソード

仮眠の時間にしっかり仮眠ができていないときに、救助の仕事が入り、身体が思うように動かなかった時は、精神的にも結構参りました。自分の体をコントロールできないと、この仕事は務まらないので、なかなか厳しいなあと思いました。

しかし、他の先輩方は、切り替えがすごく早いので、そんな失敗をした自分が情けなくなりました。やはり、現場では足を引っ張ってしまったので、もうあの失敗は繰り返したくないと思っています。

休みの過ごし方も、仕事に合わせて考えなければならないと思っています。付き合っていた彼女も、あまりに業務形態が特殊なので、うまく行かなくなったこともありました。

「消防士」の職場恋愛について

職場での恋愛は、基本ないです。男の職場なので、飲みに行って合コンのようなことをして、出会いを求めていくことが多いです。

でも、ご家庭を持っている先輩方はとても多いです。給料も安定しているし、日々カラダも動かしているので、割とかっこいい人は多いです。紹介や、飲み会で付き合ったということを書くことが多いですが、よく言う、保育士さんとの出会いが多い、というのはあまり聞きません。

職場内で結婚、というのはあまり聞いたことがありませんが、事務関係をしている女性の方と、消防隊員が結婚したというのを聞いたくらいです。

まとめ ー「消防士」を目指す方へメッセージ

御察しの通り、消防隊員はかなり大変ですが、人との繋がりが密で、働きがいのある仕事です。夢と安全を与えられる仕事だと思っているので、この仕事をたくさんの方に目指していただきたいと思います。

本記事は、2020年3月12日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG