公立美術館「宮城県美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「宮城県美術館」の基本情報について解説します。

公立美術館「宮城県美術館」は、宮城県仙台市にあり、1981年(昭和56年)に開館された公立美術館です。

はじめに

今回ご紹介する公立美術館「宮城県美術館」は、宮城県仙台市(国際センター駅近く)にあり、1981年(昭和56年)に開館された公立美術館で、明治維新以降の絵画・版画・彫刻・工芸作品などを収蔵しています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「宮城県美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「宮城県美術館」の沿革について

公立美術館「宮城県美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「宮城県美術館」は、1978年(昭和53年)に美術館建設準備室が設置された後、1981年に公立美術館「宮城県美術館」が開館されました。

1990年(平成2年)には佐藤忠良記念館が増築開館され、2011年(平成23年)に東日本大震災の翌日より臨時休館(佐藤忠良記念館は5月1日、本館は7月5日に再開)され、2016年(平成28年)に開館35周年を迎えました。

公立美術館「宮城県美術館」の概要について

公立美術館「宮城県美術館」は、宮城県が運営する公立の美術館です。

宮城県仙台市にあり、広さ10,763.42平方メートル、明治維新以降の絵画・版画・彫刻・工芸作品などを収蔵し、常勤役職員は確認できませんでした。

また、2004年度の来館者数は、17万4,000人です。

▼参考URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%9F%8E%E7%9C%8C%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8

公立美術館「宮城県美術館」の施設・展示について

公立美術館「宮城県美術館」には、本館と別館の佐藤忠良記念館があります。

本館には、展示室1~4、創作室、造形遊戯室などがあり、別館の佐藤忠良記念館には、展示室5~9、アートホールなどがあります。

現在開催中のおよび今後開催予定の展覧会は、下記の通りです。

1)展覧会「アイヌの美しき手仕事 柳宗悦と芹沢銈介のコレクションから」
会期:2020年1月25日(土)~3月15日(日)
主催:宮城県美術館、公益財団法人アイヌ民族文化財団
後援:国土交通省、北海道教育委員会、公益社団法人北海道アイヌ協会、仙台市教育委員会ほか

2)展覧会「令和元年度第3期 コレクション展示」
会期:2019年9月11日(水)~12月15日(日)

公立美術館「宮城県美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「宮城県美術館」のシンボルマークに関する情報については、確認できませんでした。

公立美術館「宮城県美術館」の館長について

現在の公立美術館「宮城県美術館」の館長は、「有川 幾夫(ありかわ いくお)」さんです。

「有川 幾夫」さんの経歴は、1976年(昭和51年)に東北大学文学部(美学西洋美術史専攻)を卒業、1978年に同大学大学院修士課程を修了、同年に「名古屋市博物館」に勤務しました。

その後、1980年に宮城県美術館建設準備室に勤務、1981年に宮城県美術館の開館に伴い、同館に勤務した後、2013年(平成25年)に公立美術館「宮城県美術館」の館長に就任しました。

なお、「有川 幾夫」さんが、公立美術館「宮城県美術館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立美術館「宮城県美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「宮城県美術館」は、宮城県仙台市にあり、最寄り駅は、国際センター駅です。

開館時間は、午前9時30分~午後5時です。

休館日は、毎週月曜日(祝休日の場合は翌平日)、臨時休館日です。

詳細な情報については、公立美術館「宮城県美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:https://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/information-information-01.html

公立美術館「宮城県美術館」の観覧料について

公立美術館「宮城県美術館」の観覧料は、コレクション展示と特別展によって異なります。

コレクション展の観覧料は、普通観覧者は、一般は300円、学生は150円で、団体観覧者は、一般は240円、学生は120円です。

なお、小中学生、障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と介護者は無料です。

詳細な情報については、公立美術館「宮城県美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:https://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/information-information-01.html

公立美術館「宮城県美術館」の職員数について

公立美術館「宮城県美術館」の職員数については、確認できませんでした。

公立美術館「宮城県美術館」の採用情報について

現在は募集を締め切りましたが、令和元年度に宮城県職員(学芸員)の募集がありました。

▼参考URL:https://www.museum.or.jp/modules/gakugeiin/index.php?controller=dtl&ctg=2&theme=2&id=4652

公立美術館「宮城県美術館」の財務状況について

公立美術館「宮城県美術館」の運営費については、確認できませんでした。

まとめ

いかがでしたか?

公立美術館「宮城県美術館」は、佐藤忠良記念館を別館とし、主に近代以降の宮城県や東北地方にゆかりのある作家の作品を収蔵している公立の美術館です。

公立美術館「宮城県美術館」のウェブサイトのURL

https://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/

そのほかの「公立美術館」の基本情報はこちらです。

https://koumu.in/tags/公立美術館

本記事は、2020年3月12日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG