公立美術館「群馬県立館林美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「群馬県立館林美術館」の基本情報について解説します。

公立美術館「群馬県立館林美術館」は、群馬県館林市にあり、2001年(平成13年)に開館された公立美術館です。

はじめに

今回ご紹介する公立美術館「群馬県立館林美術館」は、群馬県館林市(館林駅近く)にあり、2001年(平成13年)に開館された公立美術館で、「自然と人間」をテーマとした作品を収蔵されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「群馬県立館林美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「群馬県立館林美術館」の沿革について

公立美術館「群馬県立館林美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「群馬県立館林美術館」は、1988年(昭和63年)に館林文化協会から美術館建設の請願書が県に提出され、1989年(平成1年)に県議会で新県立美術館の趣旨が採択され、1993年に新県立美術館基本構想検討委員会が設置されました。

その後、1997年(平成9年)に建設推進委員会が設置、1999年に工事が着工、2000年に工事が完了、2001年(平成13年)に公立美術館「群馬県立館林美術館」が開館されました。

公立美術館「群馬県立館林美術館」の概要について

公立美術館「群馬県立館林美術館」は、群馬県が運営する公立の美術館です。

群馬県館林市にあり、広さ6,856平方メートル、「自然と人間」をテーマとした作品を収蔵しており、常勤役職員が平成27年現在で4名です。

また、2017年には来館者数70万人を達成しました。

▼参考URL:http://www.gmat.pref.gunma.jp/gmat/nenpoh/H26nenpoh.pdf

公立美術館「群馬県立館林美術館」の施設・展示について

公立美術館「群馬県立館林美術館」には、展示室1~4などがあります。

現在開催中および今後開催予定の展覧会は下記の通りです。

1)展覧会「みつめる/見ることの不思議と向き合う作家たち」
会期:2019年7月13日(土)~9月16日(月・祝)

2)展覧会「近現代の彫刻2 フランソワ・ポンポン関連資料よりーポンポンの故郷ブルゴーニュー」(コレクション展示)
会期:2019年7月13日(土)~9月16日(月・祝)
主催:群馬県立館林美術館
助成:芸術文化振興基金

3)展覧会「ピカソ展 ゲルニカ『タピスリ』をめぐって」
会期:2019年10月5日(土)~12月8日(土)
主催:群馬県立館林美術館
後援:スペイン大使館

公立美術館「群馬県立館林美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「群馬県立館林美術館」のシンボルマークについては、確認できませんでしたが、ホームページ上では、公立美術館「群馬県立館林美術館」の英語表記「Gunma Museum of Art, Tatebayashi」の略称「GMAT」の「A」の文字をデザイン化したロゴマークが使用されています。

公立美術館「群馬県立館林美術館」の館長について

現在の公立美術館「群馬県立館林美術館」の館長は、「佐々木 正直(ささき まさなお)」さんです。

「佐々木 正直」さんの経歴、および公立美術館「群馬県立館林美術館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立美術館「群馬県立館林美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「群馬県立館林美術館」は、群馬県館林市にあり、最寄り駅は、館林駅です。

開館時間は、午前9時30分~午後5時です。

休館日は、月曜日(祝日・振替の場合はその翌日)、年末年始(12月29日~翌年1月3日)です。このほかに、展示替えのための臨時休館があります。

詳細な情報については、公立美術館「群馬県立館林美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:
http://www.gmat.pref.gunma.jp/info/infomain.html
http://www.gmat.pref.gunma.jp/info/close.html

公立美術館「群馬県立館林美術館」の観覧料について

観覧料は、展覧会ごとに異なるようです。

1)展覧会「みつめる/見ることの不思議と向き合う作家たち」(会期:2019年7月13日(土)~9月16日(月・祝))は、普通観覧者は、一般は610円、大高生は300円、団体観覧者は、一般は460円、大高生は240円です。

3)展覧会「ピカソ展 ゲルニカ『タピスリ』をめぐって」(会期:2019年10月5日(土)~12月8日(土))は、普通観覧者は、一般は820円、大高生は410円、団体観覧者は、一般は650円、大高生は320円です。

なお、中学生以下および障がい者手帳を持っている人とその介護者1名、県民の日(10月28日)の閲覧は無料です。

詳細な情報については、公立美術館「群馬県立館林美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:http://www.gmat.pref.gunma.jp/info/infomain.html

公立美術館「群馬県立館林美術館」の職員数について

公立美術館「群馬県立館林美術館」の職員数は、平成27年現在で17名です。

▼参考URL:http://www.gmat.pref.gunma.jp/gmat/nenpoh/H26nenpoh.pdf

公立美術館「群馬県立館林美術館」の採用情報について

現在は募集がなく、過去には2012年(平成24年)に学芸業務補助員の募集がありました。

▼参考URL:https://www.museum.or.jp/modules/gakugeiin/index.php?controller=dtl&ctg=2&theme=2&id=312

公立美術館「群馬県立館林美術館」の財務状況について

公立美術館「群馬県立館林美術館」の運営費については、確認できませんでした。

まとめ

いかがでしたか?

公立美術館「群馬県立館林美術館」は、彫刻やインスタレーションを中心とする近代美術や現代美術の作品を収蔵している公立の美術館です。

公立美術館「群馬県立館林美術館」のウェブサイトのURL

http://www.gmat.pref.gunma.jp/index.html

そのほかの「公立美術館」の基本情報はこちらです。

https://koumu.in/tags/公立美術館

本記事は、2020年4月29日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG