公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」の基本情報について解説します。

公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」は、群馬県渋川市にあり、1984年(昭和59年)に開館された公立美術館です。

はじめに

今回ご紹介する公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」は、群馬県渋川市(JR渋川駅近く)にあり、1984年(昭和59年)に開館された公立美術館で、女子美術大学の名誉教授である「桑原 巨守」氏の彫刻を収蔵しています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」の沿革について

公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」は、1984年(昭和59年)に開館されました。

この美術館は、群馬県沼田市出身の具象彫刻の第一人者で、女子美術大学の名誉教授である「桑原 巨守」氏の彫刻を収蔵している彫刻美術館です。

桑原 巨守氏の経歴は、1949年(昭和24年)に東京美術学校彫刻科を卒業し、1971年に女子美術大学教授に就任、その後、1982年に美ヶ原高原美術館賞を受賞、1983年(昭和58年)に文部大臣賞を受賞し、1993年(平成5年)に女子美術大学教授の名誉教授に就任、勲四等瑞宝章を受章しました。

公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」の概要について

公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」は、渋川市が運営する公立の美術館です。

群馬県渋川市にあり、広さは、常設展示室が196平方メートル、市民ギャラリー兼企画展示室が232平方メートル、彫刻家である「桑原 巨守」氏の作品を収蔵しており、常勤役職員については確認できませんでした。

また、平成28年度の来館者数は、12,297人です。

▼参考URL:http://www.city.shibukawa.lg.jp/shisei/seisaku_keikaku/kyouikusougoukaigi/p002857_d/fil/h29sougoukyouikukaigi3-1.pdf

公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」の施設・展示について

公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」には、常設展示室、市民ギャラリー兼企画展示室があります。

現在開催中および今後開催予定の展覧会は、下記の通りです。

1)展覧会「2019年度 常設展 前期」
会期:2019年5月17日(金)~12月8日(日)
会場:常設展示室

2)展覧会「一般社団法人 近代日本美術協会 赤城支部展」
会期:2019年9月11日~9月16日(月・祝)
会場:市民ギャラリー

3)展覧会「伊勢亀君代 白の幻想」
会期:2019年9月20日(金)~9月29日(日)
会場:市民ギャラリー

4)展覧会「泉谷しげる アートオブライブ展」
会期:2019年10月5日(土)~10月6日(日)
会場:企画展示室

5)展覧会「渋川・北群馬・渋川特別支援学校児童生徒作品展」
会期:2019年11月14日(木)~11月17日(日)
会場:企画展示室

6)展覧会「花 光に踊る 絵画と写真の3人展」
会期:2019年11月21日(木)~11月25日(月)
会場:市民ギャラリー

7)展覧会「加藤龍雄 創作木形子(こけし)人形展」
会期:2019年11月27日(水)~12月2日(月)
会場:市民ギャラリー

公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」のシンボルマークについては、確認できませんでした。

公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」の館長について

現在の公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」の館長、および公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」は、群馬県渋川市にあり、最寄り駅は、渋川駅です。

開館時間は、10時~18時です。

休館日は、毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始です。

詳細な情報については、公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:http://www.city.shibukawa.lg.jp/kankou/art/artmuseum/p000145.html

公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」の観覧料について

企画展示は、展覧会によって異なります。

常設展普通観覧者は、200円で、中学生以下、65歳以上の方および障害者手帳を持っている方とその付添者1名は無料です。

詳細な情報については、公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:http://www.city.shibukawa.lg.jp/kankou/art/artmuseum/p000145.html

公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」の職員数について

公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」の職員数については、確認できませんでした。

公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」の採用情報について

現在は募集がなく、過去の情報もみつかりませんでした。

公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」の財務状況について

平成28年度の、公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」の運営費は、2015万7,675円でした。

▼参考URL:http://www.city.shibukawa.lg.jp/shisei/seisaku_keikaku/kyouikusougoukaigi/p002857_d/fil/h29sougoukyouikukaigi3-1.pdf

まとめ

いかがでしたか?

公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」は、群馬県沼田市出身の彫刻家である「桑原 巨守」氏の作品を常設展示し、群馬銀行の渋川中央支店空きスペースに所在する公立の美術館です。

公立美術館「渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館」のウェブサイトのURL

http://www.city.shibukawa.lg.jp/kankou/art/artmuseum/p000145.html

そのほかの「公立美術館」の基本情報はこちらです。

https://koumu.in/tags/公立美術館

本記事は、2020年4月30日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG