公立美術館「南砺市立福光美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「南砺市立福光美術館」の基本情報について解説します。

公立美術館「南砺市立福光美術館」は、富山県南砺市にあり、1994年(平成6年)に開館された公立美術館です。

はじめに

今回ご紹介する公立美術館「南砺市立福光美術館」は、富山県南砺市(JR福光駅近く)にあり、1994年(平成6年)に開館された公立美術館で、収蔵作品数は、約1,000点と公表されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「南砺市立福光美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「南砺市立福光美術館」の沿革について

公立美術館「南砺市立福光美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「南砺市立福光美術館」は、1987年(昭和62年)に石崎光瑤画伯の遺作を寄贈したいとの意向が福光町に伝えられ、将来、美術館を建設する前提で寄贈が決定されました。

その後、1990年(平成2年)に美術館建設検討委員会が発足、1992年に実施設計が完了、1994年に竣工式が挙行され、1994年(平成6年)に公立美術館「福光町立美術館」として開館されました。
2004年(平成16年)に棟方志功記念館愛染苑が福光美術館の分館となり、南砺市が合併、南砺市立福光美術館と改称されました。

2012年(平成24年)に南砺市立福光美術館増築検討委員会が発足、2014年に増築工事が着工、2015年に増築工事が竣工され、新常設展示室がオープンされました。

公立美術館「南砺市立福光美術館」の概要について

公立美術館「南砺市立福光美術館」は、南砺市立福光美術館が運営する公立の美術館です。

富山県南砺市にあり、「福光町立福光美術館」を前身とし、広さ2,788平方メートル、収蔵資料は約1,000点で、常勤役職員が平成27年11月11日現在で3名です。

また、平成29年度の来館者数は、21,486人です。

▼参考URL:
https://www.city.uruma.lg.jp/sp/userfiles/u100/files/houkokusho20-22.pdf
https://www.city.nanto.toyama.jp/cms-sypher/open_imgs/info/0000049520.pdf
https://www.city.nanto.toyama.jp/cms-sypher/open_imgs/info/0000064904.pdf

公立美術館「南砺市立福光美術館」の施設・展示について

公立美術館「南砺市立福光美術館」には、本館と分館があります。

公立美術館「南砺市立福光美術館」の本館には、常設展示室、企画展示室、コレクション室があり、分館の「棟方志功記念館 愛染苑」には、「棟方 志功」氏が南砺市の当主だった頃の作品が展示されている記念館があります。

なお、公立美術館「南砺市立福光美術館」の本館で現在開催中および今後開催予定の展覧会は、下記の通りです。

1)常設展「夏季~冬季展示」
会期:2019年7月17日(水)~12月16日(月)

2)企画展「棟方志功の福光時代展」
会期:2019年7月27日(土)~9月23日(月・祝)
主催:棟方志功の福光時代展実行委員会、南砺市、南砺市立福光美術館
後援:北日本新聞社、富山新聞社、北陸中日新聞ほか

3)企画展「美に愛された染色家 芹沢銈介展 ー宗廣コレクションー」
会期:2019年10月5日(土)~11月4日(月・祝)
主催:南砺市、南砺市立福光美術館
共催:北日本新聞社

公立美術館「南砺市立福光美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「南砺市立福光美術館」のシンボルマークについては、確認できませんでした。

公立美術館「南砺市立福光美術館」の館長について

現在の公立美術館「南砺市立福光美術館」の館長は、「片岸 昭二(かたぎし しょうじ)」さんです。

「片岸 昭二」さんの経歴については、確認できませんでした。

なお、「片岸 昭二」さんは、公立美術館「南砺市立福光美術館」の第3代目の館長です。

公立美術館「南砺市立福光美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「南砺市立福光美術館」は、富山県南砺市にあり、最寄り駅は、JR福光駅です。

開館時間は、9:00~17:00です。

休館日は、火曜日、年末年始(12月29日~1月3日)、展示替期間です。

詳細な情報については、公立美術館「南砺市立福光美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:https://nanto-museum.com/guide/

公立美術館「南砺市立福光美術館」の観覧料について

公立美術館「南砺市立福光美術館」の観覧料は、企画展と常設展に分かれています。

常設展

公立美術館「南砺市立福光美術館」の常設展普通観覧者は、一般は300円、高大生は200円、団体観覧者は2割引です。

なお、小中学生以下、各種手帳を持っている心身障がい者の方と付き添いの方1名は無料です。

企画展

企画展の観覧料は、展覧会ごとに異なります。

現在開催中の企画展「棟方志功の福光時代展」(会期:2019年7月27日(土)~9月23日(月・祝))の観覧料は、一般は800円、高大生は500円で、中学生以下は無料です。

今後開催予定の企画展「美に愛された染色家 芹沢銈介展 ー宗廣コレクションー」(会期:2019年10月5日(土)~11月4日(月・祝))の観覧料は、一般は800円、高大生は500円で、中学生以下は無料です。

詳細な情報については、公立美術館「南砺市立福光美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:
https://nanto-museum.com/guide/
https://nanto-museum.com/category/exhibition/in-session/
https://nanto-museum.com/category/exhibition/upcoming/

公立美術館「南砺市立福光美術館」の職員数について

平成27年度の公立美術館「南砺市立福光美術館」の職員数は、6名です。

▼参考URL:http://munakatashiko-museum.jp/27yosan.pdf

公立美術館「南砺市立福光美術館」の採用情報について

現在は募集がなく、過去には2015年(平成27年)に臨時職員の募集がありました。

▼参考URL:https://www.city.nanto.toyama.jp/cms-sypher/www/info/detail.jsp?id=13880

公立美術館「南砺市立福光美術館」の財務状況について

平成27年度の、公立美術館「南砺市立福光美術館」の運営費は、7,082万円でした。

その主な内訳は、記念館運営事業収益、受取会費などです。

▼参考URL:http://munakatashiko-museum.jp/27yosan.pdf

まとめ

いかがでしたか?

公立美術館「南砺市立福光美術館」は、棟方志功の作品を収蔵し、「谷崎 潤一郎」氏が命名した愛染苑を別館とする公立の美術館です。

公立美術館「南砺市立福光美術館」のウェブサイトのURL

https://nanto-museum.com/

そのほかの「公立美術館」の基本情報はこちらです。

https://koumu.in/tags/公立美術館

本記事は、2020年7月9日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG