公立美術博物館「芦屋市立美術博物館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「芦屋市立美術博物館」の基本情報について解説します。

公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」は、兵庫県芦屋市にあり、1991年(平成3年)に開館された公立美術・博物館です。


はじめに

今回ご紹介する公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」は、兵庫県芦屋市(阪神芦屋駅近く)にあり、1991年(平成3年)に開館された公立美術・博物館で、芦屋市にゆかりのある美術品を収蔵しています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」の沿革について

公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」の沿革についてご紹介します。

公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」は、1991年(平成3年)に開館され、芦屋にゆかりのある芸術家を中心に近代や現代の作品および芦屋の自然や歴史に関する文化財・考古資料などを収蔵しています。

この美術館は、市民が気軽に立ち寄ることができ、子どもたちが本物に接して感動する手助けとなる美術館を目指しています。

公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」の概要について

公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」は、芦屋市が運営する公立の美術館です。

兵庫県芦屋市にあり、広さ約3,400平方メートル、芦屋市にゆかりのある美術品を収蔵しており、常勤役職員は平成27年度現在で2名です。

なお、平成30年度の来館者数は、約3万人です。

▼参考URL:芦屋市|平成27年度 事業計画書

公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」の施設・展示について

公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」には、第1~第2展示室、歴史資料展示室などがあります。

現在開催中および今後開催予定の展覧会は、下記の通りです。


1)展覧会「生誕100年 菅井 汲」
会期:2019年10月8日(火)~11月24日(日)
会場:歴史資料展示室

2)展覧会「第65回 芦屋市展 平面/写真」
会期:2019年10月8日(火)~11月24日(日)

公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」のシンボルマークについて

公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」のシンボルマークに関する情報については確認できませんでしたが、ホームページ上では、正方形の中に三角形を描いた図形中に「芦屋市立美術博物館」の英語表記「Ashiya City Museum of Art and History」を6段にわたって施したロゴマークが使用されています。

公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」の館長について

現在の公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」の館長は、「廣瀬 忠子(ひろせ ただこ)」さんです。

「廣瀬 忠子」さんの経歴については確認できませんでしたが、公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」の館長であることに加えて、日本ユネスコ協会連盟近畿代表理事、芦屋市婦人会会長、温故流(活け花)3代目家元でもあります。

なお、「色瀬 忠子」さんが、公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」は、兵庫県芦屋市にあり、最寄り駅は、阪神芦屋駅です。

開館時間は、10:00~17:00です。

休館日は、月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日、展示替え期間、年末年始です。

詳細な情報については、公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:芦屋市立美術博物館|利用案内
https://ashiya-museum.jp/guide

公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」の観覧料について

普通観覧者は、一般は300円、大高生は200円、団体観覧者は、一般は240円、大高生は160円です。

なお、中学生以下は無料、65歳以上の方および身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方とその介護者の方は半額です。

また、特別展は展覧会によって料金が異なりますので、ご注意ください。

詳細な情報については、公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」のホームページなどをご確認ください。


▼参考URL:芦屋市立美術博物館|利用案内
https://ashiya-museum.jp/guide

公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」の職員数について

平成27年度の公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」の職員数は、10名です。

▼参考URL:芦屋市|平成27年度 事業計画書

公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」の採用情報について

現在は、芦屋市立美術博物館では職員の募集はありません。

公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」の財務状況について

平成30年度の公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」の運営費は、7,904万8千円でした。

その主な内訳は、指定管理料、利用料収入などです。

▼参考URL:芦屋市|指定管理者評価表

まとめ

以上、公立美術博物館「芦屋市立美術博物館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」は、芦屋市立図書館と芦屋市立谷崎潤一郎記念館が隣接し、芦屋にゆかりのある芸術家の作品を多く収蔵・展示している公立の美術・博物館です。

公立美術・博物館「芦屋市立美術博物館」のウェブサイトのURL

https://ashiya-museum.jp/

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2021年2月26日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG