公立美術館「熊本市現代美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「熊本市現代美術館」の基本情報について解説します。

公立美術館「熊本市現代美術館」は、熊本県熊本市にあり、2002年に開館された公立美術館です。


はじめに

今回ご紹介する公立美術館「熊本市現代美術館」は、熊本市中央区上通町2番3号(JR熊本駅近く)にあり、2002年に開館された公立美術館で、ジェームズ・タレル、マリーナ・アブラモヴィッチ、草間彌生、宮島達男など、現代美術家たちのインスタレーション作品を中心に収蔵しています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立美術館「熊本市現代美術館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立美術館「熊本市現代美術館」の沿革について

公立美術館「熊本市現代美術館」の沿革についてご紹介します。

公立美術館「熊本市現代美術館」は、1993年に井手宣通画伯のご遺族から熊本市に、同氏の主要な作品が寄贈されたことを機に美術館建設計画が開始されました。

1997年に熊本市議会にて上通A地区第1種市街地再開発事業に参画し、美術館を建設することが表明、美術館建設プロジェクトが設置され、「熊本市美術館建設検討委員会」が発足されました。

1998年熊本市美術館建設検討委員会より建設構想を示した中間答申書が提出、1999年に最終答申書が提出、2000年に美術館が建設、上通A地区市街地再開発ビル建設工事起工式が行われ、熊本市企画調整局内に「美術館設立準備室」が設置されました。

2001年に「熊本市現代美術館条例」が制定、美術館の管理運営を財団法人熊本市美術文化振興財団に決定、2002年に上通A地区市街地再開発ビル建築工事が竣工、美術館部分が熊本市へ引き渡され、2002年に公立美術館「熊本市現代美術館」が開館されました。

公立美術館「熊本市現代美術館」の概要について

公立美術館「熊本市現代美術館」は、公益財団法人熊本市美術文化振興財団が運営する公立の美術館です。

熊本市中央区上通町2番3号にあり、広さ7,837.34平方メートル、ジェームズ・タレル、マリーナ・アブラモヴィッチ、草間彌生、宮島達男の現代美術家たちのインスタレーション作品を中心に収蔵し、公益財団法人熊本市美術文化振興財団の令和元年度の常勤役職員は、15名です。

また、平成30年度の来館者数は、7万7,450人です。

▼参考URL:公益財団法人熊本市美術文化振興財団
http://www.kcac-pf.jp/yakuin.htm


公立美術館「熊本市現代美術館」の施設・展示について

公立美術館「熊本市現代美術館」には、メインギャラリー、ギャラリIII、井手宣通記念ギャラリー、ホームギャラリー、アートスカイギャラリー、子育てひろば、アートロフトなどがあります。

現在開催中の展覧会については、公式ホームページをご確認ください。

公立美術館「熊本市現代美術館」の研究について

公立美術館「熊本市現代美術館」の研究については、確認できませんでした。

公立美術館「熊本市現代美術館」のシンボルマークについて

公立美術館「熊本市現代美術館」のシンボルマークの詳細については、確認できませんでしたが、ホームページ上では「CONTEMPORARY ART MUSEUM KUMAMOTO」の頭文字である「CAMK」の文字をロゴマークとして使用されています。

公立美術館「熊本市現代美術館」の館長について

現在の公立美術館「熊本市現代美術館」の館長については、確認できませんでした。

公立美術館「熊本市現代美術館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立美術館「熊本市現代美術館」は、熊本県熊本市にあり、最寄り駅は、JR熊本駅です。

開館時間は、午前10時~午後8時です。

休館日は、毎週火曜日(祝休日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日~1月3日)です。

詳細な情報については、公立美術館「熊本市現代美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:熊本市現代美術館|開館時間・料金
https://www.camk.jp/information/guide/

公立美術館「熊本市現代美術館」の観覧料について

公立美術館「熊本市現代美術館」の観覧料は、各展覧会ごとに異なります。

詳細な情報については、公立美術館「熊本市現代美術館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:熊本市現代美術館|開館時間・料金
https://www.camk.jp/information/guide/

公立美術館「熊本市現代美術館」の職員数について

公立美術館「熊本市現代美術館」の職員数については、確認できませんでした。

公立美術館「熊本市現代美術館」の採用情報について

現在は募集がなく、過去には2013年に学芸員の募集がありました。


公立美術館「熊本市現代美術館」の財務状況について

平成30年度の、公立美術館「熊本市現代美術館」を運営する公益財団法人熊本市美術館振興財団の運営費は、3億4,239万7,000円でした。

その主な内訳は、補助事業収益、利用料金収入、助成金等収入などです。

▼参考URL:公益財団法人熊本市美術館振興財団|平成31年度収支予算書(損益ベース)

まとめ

以上、公立美術館「熊本市現代美術館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立美術館「熊本市現代美術館」は、ジェームズ・タレル、マリーナ・アブラモヴィッチ、草間彌生、宮島達男の現代美術家たちのインスタレーション作品を中心に収蔵している公立の美術館です。

公立美術館「熊本市現代美術館」のウェブサイトのURL

https://www.camk.jp/

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2021年1月22日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG