公立美術・博物館「周南市美術博物館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「周南市美術博物館」の基本情報について解説します。

公立博物館「周南市美術博物館」は、山口県周南市にあり、1995年に開館された公立博物館です。


はじめに

今回ご紹介する公立博物館「周南市美術博物館」は、山口県周南市花畠町10-16(JR徳山駅近く)にあり、1995年に開館された公立博物館で、周南市出身の写真家「林忠彦」の作品を中心に収蔵されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立博物館「周南市美術博物館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立博物館「周南市美術博物館」の沿革について

公立博物館「周南市美術博物館」の沿革についてご紹介します。

公立博物館「周南市美術博物館」は、1995年に開館されました。

周南市出身の写真家「林忠彦」の作品を中心に収蔵し、2009年4月~2018年5月までは、日本の洋画家である「宮崎進」さんが館長・名誉館長を務めました。

公立博物館「周南市美術博物館」の概要について

公立博物館「周南市美術博物館」は、公益財団法人周南市文化振興財団が運営する公立の博物館です。

山口県周南市にあり、広さ5,778.32平方メートル、「宮崎進」「岸田劉生」「まど・みちお」ら、郷土ゆかりの芸術家の作品を中心に収蔵しています。

常勤役職員については確認できませんでした。

また、平成28年度の来館者数は、84,413人です。

公立博物館「周南市美術博物館」の施設・展示について

公立博物館「周南市美術博物館」の施設は、展示室1~5、コレクション展示室、林忠彦記念室があります。

通年で、常設展・企画展・その他市民の展覧会などが開催されています。


なお、現在開催中の展覧会については、公式ホームページご確認ください。

公立博物館「周南市美術博物館」の研究について

公立博物館「周南市美術博物館」の研究については、確認できませんでした。

公立博物館「周南市美術博物館」のシンボルマークについて

公立博物館「周南市美術博物館」のシンボルマークについての詳細は、確認できませんでしたが、ホームページ上では、水色の直線2本の間に山を施した図形が使用されています。

公立博物館「周南市美術博物館」の館長について

現在の公立博物館「周南市美術博物館」の館長は、「有田 順一(ありた じゅんいち)」さんです。

なお、「有田 順一」さんの経歴および、何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立博物館「周南市美術博物館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立博物館「周南市美術博物館」は、山口県周南市にあり、最寄り駅は、JR徳山駅です。

開館時間は、9:30~17:00です。

休館日は、祝日・休日以外の月曜日、12月29日~1月3日です。

詳細な情報については、公立博物館「周南市美術博物館」のホームページなどをご確認ください。

公立博物館「周南市美術博物館」の入館料について

通常展示普通入館者は、一般は200円、大学生は100円、団体入館者は、一般は160円、大学生は80円です。

企画展は、各展覧会ごとに別途料金が定められます。

なお、18歳以下および70歳以上、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・戦傷病者手帳等をご持参の方とその介護の方は無料です。

詳細な情報については、公立博物館「周南市美術博物館」のホームページなどをご確認ください。

公立博物館「周南市美術博物館」の職員数

公立博物館「周南市美術博物館」の職員数については、確認できませんでした。

公立博物館「周南市美術博物館」の採用人数

現在は募集がなく、過去の情報もみつかりませんでした。


公立博物館「周南市美術博物館」の財務状況について

公立博物館「周南市美術博物館」の財務状況については、確認できませんでした。

まとめ

以上、公立美術・博物館「周南市美術博物館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立博物館「周南市美術博物館」は、周南市(旧徳山市)出身の写真家「林忠彦」の作品を中心に、写真・美術・歴史に関する作品や資料を収蔵している公立の美術博物館です。

公立博物館「周南市美術博物館」のウェブサイトのURL

http://s-bunka.jp/bihaku/

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2021年9月3日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG