公立博物館「長崎歴史文化博物館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「長崎歴史文化博物館」の基本情報について解説します。

公立博物館「長崎歴史文化博物館」は、長崎県長崎市にあり、2005年に開館された「長崎県立美術博物館」を前身とする公立博物館です。


はじめに

今回ご紹介する公立博物館「長崎歴史文化博物館」は、長崎県長崎市立山1丁目1番1号(JR長崎駅近く)にあり、2005年に開館された公立博物館で、収蔵作品数は、約81,000点と公表されています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立博物館「長崎歴史文化博物館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立博物館「長崎歴史文化博物館」の沿革について

公立博物館「長崎歴史文化博物館」の沿革についてご紹介します。

公立博物館「長崎歴史文化博物館」は、1998年(平成10年)に政策創造会議「諏訪の森部会」が設置、2001年に歴史文化博物館(仮称)基本構想専門家会議が設置、

歴史文化博物館(仮称)基本構想(案)が公表、基本構想が策定、2003年に起工式が実施されました。

2004年に長崎歴史文化博物館条例が公布、2005年に公立博物館「長崎歴史文化博物館」が開館され、入場者数が10万人を達成、2006年に入場者数が50万人を達成、2007年に入場者数が100万人を達成、2008年に入場者数が150万人を達成しました。

2009年に入場者数が200万人を達成、2010年に入場者数が300万人を達成、開館5周年記念式典が開催、2011年に入場者数が350万人を達成、2012年に常設展示がリニューアルオープン、観覧者数が400万人を達成しました。

2013年に入場者数が450万人を達成、2014年に観覧者数が500万人を達成、2015年に開館10周年記念式典が開催、2016年に観覧者数が550万人を達成、2017年に観覧者数が650万人を達成しました。

公立博物館「長崎歴史文化博物館」の概要について

公立博物館「長崎歴史文化博物館」は、長崎県・長崎市が運営する公立の博物館です。

長崎県長崎市にあり、前身は「長崎県立美術博物館」で、広さ13,309平方メートル、収蔵資料は約81,000点で、常勤役職員が平成30年度現在で5名です。

また、平成30年度の来館者数は、30万2,039人です。


▼参考URL:http://www.nmhc.jp/publication/dl/nenpo_30.pdf

公立博物館「長崎歴史文化博物館」の施設・展示について

公立博物館「長崎歴史文化博物館」の施設は、歴史文化展示ゾーン、長崎奉公所ゾーン、長崎歴史情報コーナー、伝統工芸体験工房、資料閲覧室、企画展示室などがあります。

現在開催中の展覧会については、公式ホームページをご確認ください。

公立博物館「長崎歴史文化博物館」の研究について

公立博物館「長崎歴史文化博物館」では、平成30年度に下記の6つの研究が行われました。

1)長崎の美術工芸に関する研究
2)日中交流史に関する研究
3)日朝交流史に関する研究
4)日蘭交流しに関する研究
5)長崎の幕末・近代に関する研究
6)博物館教育に関する調査研究

公立博物館「長崎歴史文化博物館」のシンボルマークについて

公立博物館「長崎歴史文化博物館」のシンボルマークの詳細については、確認できませんでしたが、ホームページ上では、緑色のアルファベット「M」のような図形がロゴマークとして使用されています。

公立博物館「長崎歴史文化博物館」の館長について

現在の公立博物館「長崎歴史文化博物館」の館長は、「水嶋 英治(みずしま えいじ)」さんです。

「水嶋 英治」さんの経歴は、1981年に東京理科大学理工学部を卒業、1989年にチェコスロバキア・JEプルキーネ大学院に短期留学、1996年にフランス国立文化財学院・博物館学専攻を修了、2011年に筑波大学大学院人間総合科学研究科世界文化遺産学博士課程にて学位を取得しました。

その後、1981年に日本科学技術振興財団・科学技術館学芸員、企画開発部次長に就任、1987年にフランス国立科学研究センター・アトリエベルビュー展示工学研究所研究員を務めました。

1987年にラビレット科学産業都市国際開発局に勤務、2003年に常磐大学大学院教授・研究科長に就任、2013年に筑波大学図書館情報メディア研究系教授に就任した後、2018年に公立博物館「長崎歴史文化博物館」の館長に就任しました。

なお、「水嶋 英治」さんが、公立博物館「長崎歴史文化博物館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立博物館「長崎歴史文化博物館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立博物館「長崎歴史文化博物館」は、長崎県長崎市にあり、最寄り駅は、JR長崎駅です。

開館時間は、8:30~17:00です。

休館日は、毎月第3月曜日(祝日の場合は翌日)です。

詳細な情報については、公立博物館「長崎歴史文化博物館」のホームページなどをご確認ください。


▼参考URL:http://www.nmhc.jp/userguide.html

公立博物館「長崎歴史文化博物館」の観覧料について

通常展示普通観覧者は、大人は630円・小中高生は310円、団体観覧者は、大人は500円、小中高生は250円です。

なお、下記のいずれかに該当する人は、常設展は無料です。

1)長崎県内の小・中学生
2)学校行事の一環として長崎県内の小・中・高・特別支援学校が利用する場合
3)身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳保持者および介護者1名
4)障害福祉サービス受給者証・地域相談支援受給者証・特定疾患医療受給者証・特定医療費(指定難病)医療受給者証・先天性血液凝固因子障害等医療受給者証・小児慢性特定疾病医療受給者証の保持者および介護者1名
5)認定を受けた観光客ボランティアの観光客

詳細な情報については、公立博物館「長崎歴史文化博物館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:http://www.nmhc.jp/userguide.html

公立博物館「長崎歴史文化博物館」の職員数

平成30年度の公立博物館「長崎歴史文化博物館」の職員数は、28名です。

▼参考URL:http://www.nmhc.jp/publication/dl/nenpo_30.pdf

公立博物館「長崎歴史文化博物館」の採用人数

現在は募集がなく、過去には平成29年度に職員(研究者)の募集がありました。

▼参考URL:http://www.nmhc.jp/notice/2017/H29saiyou.html

公立博物館「長崎歴史文化博物館」の財務状況について

平成30年度の、公立博物館「長崎歴史文化博物館」の運営費は、12億2,109万6,000円でした。

その主な内訳は、常設展観覧料、企画展観覧料、駐車場収入、ミュージアムショップ収入などです。

▼参考URL:http://www.nmhc.jp/publication/dl/nenpo_30.pdf

まとめ

以上、公立博物館「長崎歴史文化博物館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立博物館「長崎歴史文化博物館」は、長崎県と長崎市が予算と収蔵品を出し合って設置され、「近世長崎の海外交流史」をメインテーマとする公立の博物館です。

公立博物館「長崎歴史文化博物館」のウェブサイトのURL

http://www.nmhc.jp/

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2021年10月18日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG