公務員になるための情報サイト

国土交通省所管の独立行政法人「奄美群島振興開発基金」に就職するには?

奄美群島開発基金は、奄美群島において事業を営む人々に必要な資金を長期的に低金利で融資したり、島内の業務に関する信用保証を担う機関です。国土交通省所管の独立行政法人「奄美群島開発基金」に就職する方法について解説します。

2017年10月12日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
奄美群島って何?
そもそも奄美群島開発基金って何?
奄美群島開発基金に就職するには?
まとめ
国土交通省所管の独立行政法人「奄美群島振興開発基金」に就職するには?

奄美群島って何?

奄美群島(あまみぐんとう)は、鹿児島県の島々があつまっている区域で、鹿児島県奄美市と大島(おおしま)郡が該当します。

正式名称は奄美群島ですが、奄美諸島と呼ばれることもあります。主要な島は奄美大島(あまみおおしま)で、長さは約200キロメートル、面積は約1250平方キロメートル、人口は約12万人になります。

そもそも奄美群島開発基金って何?

「奄美群島開発基金」は、1955年(昭和30年)9月10日に設立された奄美群島復興信用保証協会が始まりで、奄美群島振興開発特別措置法第44条に基づき島内の事業を営む人を対象に信用保証と貸付を行っています。

設立後三度の改称を経て奄美群島開発基金となり、2004年(平成16年)10月1日に独立行政法人化しました。

本部は鹿児島県奄美市にあり、 鹿児島県大島郡に徳之島事務所・沖永良部事務所を構えています。業務内容は大きく分けて以下の3つになります。

融資業務

奄美群島において事業に営む方々に必要な資金を長期かつ低利で融資しています。

保証業務

事業者が金融機関から必要な事業資金を借入れるにあたって、金融機関との取引がない、担保物件が不足するといった理由等の際に、借入が困難な場合、該当事業者の信用力を公的立場から保証し、借入れを容易にする「橋わたし」の役目を提供します。

創業支援

事業計画書の作り方など創業の支援業務を行います。

奄美群島開発基金に就職するには?

「独立行政法人 奄美群島開発基金」に就職するには、採用試験に合格することが必要です。平成26年度の募集要項は以下のようになります。

<奄美群島開発基金職員採用 事務職>

応募資格は2つで、(1)昭和59年4月2日から平成6年4月1日までの生まれである(2)原則として平成27年4月1日から勤務可能であることですが、日本の国籍を有しない人、禁固以上の刑に処せられその執行が終わるまでの人、またはその執行を受けることがなくなるまでの人は受験することができません。採用人数は若干名で、選考方法は第一次試験で事務適性検査、職場適応性検査及び小論文試験を行い、第二次試験で面接を実施します。

▼勤務日:月~金曜日

▼勤務時間:8時30分~17時15分(1日につき休憩60分)

▼休日休暇:土日祝日、12月29日から翌年の1月3日までの日、その他年次有給休暇、特別有給休暇、育児・介護休業があります。

▼給与:独立行政法人奄美群島振興開発基金職員給与規定に基づき支給されます。

▼手当:扶養手当、通勤手当、住居手当、特別手当、超過勤務手当等がそれぞれの手当支給条件に応じて支給されます。

採用に関するHP:http://www.amami.go.jp/joho-teikyo/saiyo.html

まとめ

奄美群島で起業や独立などさまざまなチャレンジをする人々を応援する奄美群島開発基金。奄美群島における産業の振興開発を促進することで、奄美群島の活性化に貢献する重要な機関です。

創業支援では、事業をやるにあたり必要になるもの「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」の4つについてや事業をやるにあたっての手順などをサポートします。奄美群島振興開発基金の持つ強みである地域の人脈と情報、企業経営ノウハウを活かして、地域経済の発展や地域の行政機関とタイアップした活動に取り組むとしています。

“奄美に新しい風を起こす” ことを目的としてそれぞれの得意な分野での活躍を誓っています。

この記事に関連するキーワード

独立行政法人に関するおすすめ記事

その他公務員関連職に関する新着記事

ページトップ