公立博物館「東北歴史博物館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)

「学芸員」を目指す方に知っておいてほしい「東北歴史博物館」の基本情報について解説します。

公立博物館「東北歴史博物館」は、宮城県多賀城市にあり、1999年(平成11年)に開館された「東北歴史資料館」を前身とする公立博物館です。


はじめに

今回ご紹介する公立博物館「東北歴史博物館」は、宮城県多賀城市(JR仙台駅近く)にあり、1999年(平成11年)に開館された公立博物館で、東北地方の歴史にまつわる資料を収蔵しています。

今回は、公務員として働く「学芸員」向けに公立博物館「東北歴史博物館」に関する基本的な情報についてご紹介します。

公立博物館「東北歴史博物館」の沿革について

公立博物館「東北歴史博物館」の沿革についてご紹介します。

公立博物館「東北歴史博物館」は、1974年(昭和49年)に「東北歴史資料館」が設置され、1999年(平成11年)に同資料館の廃止に伴い、公立博物館「東北歴史博物館」が開館されました。

公立博物館「東北歴史博物館」の概要について

公立博物館「東北歴史博物館」は、宮城県が運営する公立の博物館です。

宮城県多賀城市にあり、前身は「東北歴史資料館」で、広さ15,155平方メートル、東北地方の歴史にまつわる資料を収蔵しており、常勤役職員が平成31年度現在で6名です。

また、平成28年度の来館者数は、14万5,048人です。

▼参考URL:東北歴史博物館資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo2/012/attach/1405958.htm

公立博物館「東北歴史博物館」の施設・展示について

公立博物館「東北歴史博物館」の施設は、総合展示室、テーマ展示室、映像展示室、特別展示室、研修室、実習室などがあります。

現在開催中および今後開催予定の展覧会は、下記の通りです。

1)展覧会「東北歴史博物館開館20周年・宮城県多賀城跡調査研究所50周年記念特別展『蝦夷ー古代エミシと律令国家ー』」
会期:2019年9月21日(土)~11月24日(日)
会場:特別展示室


2)展覧会「今野家住宅母屋建築250周年記念『今野家住宅の歴史』」
会期:2019年8月6日(火)~12月1日(日)
会場:第1テーマ展示室

3)展覧会「宮城の土偶」
会期:2019年8月6日(火)~12月1日(日)
会場:第2テーマ展示室

4)展覧会「仙台の近世絵画ー多彩な画題ー」
会期:2019年10月22日(火)~12月1日(日)
会場:第3テーマ展示室

5)展覧会「東北各地の無形の文化財」
上映期間:2019年4月~2020年3月
会場:映像展示室

公立博物館「東北歴史博物館」のキャッチコピー・シンボルマークについて

公立博物館「東北歴史博物館」は、現在、シンボルマークを募集中です。

募集期間:2019年1月10日(木)~12月10日(火)(必着)

公立博物館「東北歴史博物館」の館長について

現在の公立博物館「東北歴史博物館」の館長は、「笠原 信男(かさはら のぶお)」さんです。

「笠原 信男」さんの経歴、および公立博物館「東北歴史博物館」の何代目の館長であるかについては確認できませんでした。

公立博物館「東北歴史博物館」のアクセス・開館時間・休館日について

公立博物館「東北歴史博物館」は、宮城県多賀城市にあり、最寄り駅は、JR仙台駅です。

開館時間は、午前9時30分~午後5時です。

休館日は、毎週月曜日(祝・休日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日~1月4日)です。

詳細な情報については、公立博物館「東北歴史博物館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:東北歴史博物館|利用案内
http://www.thm.pref.miyagi.jp/infor/

公立博物館「東北歴史博物館」の観覧料について

公立博物館「東北歴史博物館」の観覧料は、展覧会ごとに異なります。

常設展

常設展の普通観覧者は、一般は460円で、団体観覧者は、一般は360円です。


特別展

現在開催中の特別展「東北歴史博物館開館20周年・宮城県多賀城跡調査研究所50周年記念特別展『蝦夷ー古代エミシと律令国家ー』」(会期:2019年9月21日(土)~11月24日(日))の観覧料は、普通観覧者は、一般は1,200円、65歳以上は1,100円、小中高生は600円で、団体観覧者は、一般は1,100円、65歳以上は1,000円、小中高生は500円です。

詳細な情報については、公立博物館「東北歴史博物館」のホームページなどをご確認ください。

▼参考URL:東北歴史博物館|利用案内
http://www.thm.pref.miyagi.jp/infor/

公立博物館「東北歴史博物館」の職員数

平成31年度の公立博物館「東北歴史博物館」の職員数は、32名です。

公立博物館「東北歴史博物館」の採用人数

現在は募集がなく、過去には2015年に宮城県職員(学芸員)の応募がありました。

公立博物館「東北歴史博物館」の財務状況について

平成28年度の公立博物館「東北歴史博物館」の運営費は、2億7,592万4千円でした。

その主な内訳は、管理経費、文化財保護対策費などです。

まとめ

以上、公立博物館「東北歴史博物館」の基本情報(沿革・施設・職員数など)でした。

公立博物館「東北歴史博物館」は、「東北歴史資料館」の老朽化にともなって開館され、東北地方の歴史に関する資料を収蔵している公立の博物館です。

公立博物館「東北歴史博物館」のウェブサイトのURL

https://www.thm.pref.miyagi.jp/

その他の「公立美術館」「公立博物館」の基本情報はこちらです

「公立美術館」に関するその他の記事一覧

「公立博物館」に関するその他の記事一覧

本記事は、2022年3月11日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG