私立高校(和歌山県)の「国語の先生」の仕事内容・給料レポート

現役もしくは元・公務員へのキャリア・アンケートです。

今回は、私立高校(和歌山県)の「国語の先生」(女性)に回答いただきました。

仕事内容、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについてアンケートしたものを編集して掲載しています。

はじめに

私立高校(和歌山県)の「国語の先生」(女性)によるキャリア・アンケートです。

レポート者のプロフィール

公務員としての職業・勤務先:高校の先生(国語科) / 和歌山県にある私立高校
性別:女性
雇用体系:非常勤
所有資格:自動車免許、教員免許

「高校の先生」を目指した理由

私は、「自分のために努力するより、他人に教えるための方が真剣に勉強を頑張るタイプ」だと気づいたからです。大学生になってから塾講のバイトをする中で確信を強めました。

「高校の先生(国語科)」の仕事内容について

私立高校の非常勤講師の仕事内容は、基本的に割り当てられた時間に授業をすることです。職員朝礼などに出る必要はなく、そこで伝えられた内容はメールなどで共有できるようにしてもらっています。担任や副担任になることもなく、クラブ指導をすることもありません。

しかし、子ども相手に彼らを育てる仕事であるため、授業時間以外に子どもたちの相談にのったり、学習内容を定着させるために補習を行なったりはします。また、高校三年生を担当すると、受験する大学がそれぞれに違っているため、それぞれが希望する大学に合格するための添削指導を行なったりもします。純粋に国語の問題を解いたものの指導から、小論文の指導や、面接試験の練習指導までも行います。

非常勤でありながら、クラブの指導に関わっていく先生方もいらっしゃって、非常勤と常勤の仕事内容はなかなか区別し難いように思われます。テスト作成なども、非常勤講師には任せないという建前があるようですが、作成を任されることはよくあります。

「高校の先生(国語科)」の1日の仕事の流れ

8時:自宅を出て、自動車で通勤する 。

8時30分:到着、授業準備と生徒の提出物点検。メールチェックをして、おさえておくべき情報はおさえる。

8時45分:授業開始 授業がない時間に添削や授業準備、提出物の点検、テスト作成などを行う場合もある。

12時45分:お昼休憩(50分) この時間に相談に来たり、質問をしにくる生徒もいる。応対に追われることもあるので、昼食はこの時間までの空き時間で済ませておくことが多い。

13時30分: 午後からの授業開始。

15時30分:全ての授業終了。ここから補習を1時間行うことや、提出物をきちんと提出していない生徒を居残りさせて指導することがある。相談にくる生徒への対応や、翌日の授業準備などを行う場合もある。

「高校の先生(国語科)」の給料・残業・有給休暇について

月給17万円 ボーナス8万円で年収200万程度です。非常勤講師なので、授業時間の分だけが月給となり、残業というような発想はありません。補習も、行なっても手当はつきません。有給休暇は10日程度あります。

この仕事で、働いているときに困ったこと

仕事のラインがあいまいで、生徒のためにしたいと思って取り組む仕事に給料が発生しないため、給料もでないのに補習なんか何故するの?ということを言われると困ります。

給料云々の前に、生徒を成長させて生徒に学力をつけるためには必要なことだと考えて取り組んでいますが、「そんなこと言いながら、後から給料も出ないのに働かされたとか言われると困る」というようなことをやんわり言われ、じゃあ補習するなということなのか?!と困っています。

この仕事や職場でよかったこと

教科の指導ということに特化した働き方なので、授業準備などに専念できるのは、とても恵まれている点だと考えています。常勤講師をしていた頃は、教員になって1年目であるにも関わらず教務的な仕事や、事務、副担任としての業務に追われて、夜中になってから教科指導の準備をはじめるということがよくありました。

非常勤講師になってからは、よい授業をするための準備が出来、本を読む時間をとって自分の素養を養えているのは、かなりありがたいです。

「高校の先生(国語科)」の仕事エピソード

生徒が希望する大学に進学できた時や、大学卒業後に立派に職業についたという報告を聞いた時は感動します。特に問題があった生徒がその問題を乗り越えた時や、国語が苦手だった生徒が国語を楽しいと思えるようになったと言ってくれた時も感動しました。子どもたちが何か物事を乗り越えていく姿はとても感動的です。

手助けを必要としながらも、彼らはある日突然乗り越えたり、ある日突然成長を遂げたりします。その変化し成長する様は人によって違うので、何度目にしても感動的です。手助けしたり、成長を待つのは大変ではありますが、待ち手助けする価値はあります。

「高校の先生(国語科)」の職場恋愛について

職場恋愛や職場結婚はかなり多いです。仕事に追われていてなかなか他の場所に足を運ぶ機会や時間が取れないため、職場で落ちつくのかもしれません。ともに生徒を育てていくため、同士のような感覚から職場恋愛につながっていくことも多いです。

非常勤講師の場合は、自分のさじ加減で時間を取ることはできるので、習い事に行った先で出会いがあったり、友達からの紹介でお付き合い、結婚につながったりします。最近はお見合いという形の方も多いようです。

まとめ ー「高校の先生」を目指す方へメッセージ

とてもやりがいのある仕事です!

本記事は、2020年5月1日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG