【アメリカ大統領選2020】アメリカ大統領就任式直前!気になる周辺の動きについて

2021年1月20日(日本時間21日)に、アメリカ大統領の就任式が行われます。

本記事では、就任式にあたってのトランプ氏の動向や、バイデン新政権の動きなどを、アメリカ在住の日本人にレポートいただきました。

はじめに

2021年1月20日(日本時間21日)はアメリカ大統領就任式の日です。

首都ワシントンD.C.で開催される式典には、政府関係者や支持者らが集まり、新しい政権のスタートをお祝いします。本来であれば、華やかなお祝いモードの中で開催されるアメリカ大統領就任式ですが、今回の就任式はトランプ大統領が出席しないことや、バイデン新政権に反対する人たちの抗議活動などが予想されており、不穏な空気に包まれています。

一方で、アメリカ大統領就任式に先立ってバイデン新政権をはじめとする関係者の動きが活発になってきており、これらの動きを理解することでアメリカが抱える喫緊の問題や課題が見えてきます。

今回は、報道情報によるアメリカ大統領就任式を直前に控えたアメリカでどのようなことが起きているのか解説します。

異例ずくめの2021年アメリカ大統領就任式

2021年のアメリカ大統領就任式は従来とは異なる異例の式典になるとされています。

アメリカ大統領就任式は当日正午頃から始まり、宣誓式、就任演説、そしてパレードが実施されます。2021年のアメリカ大統領就任式は新型コロナウイルス感染拡大防止に配慮し、パレードはバーチャルで実施され、従来よりも簡素で小規模な式典になる見込みです。

アメリカ大統領就任式は前任の大統領も参加することが通例ですが、トランプ大統領は出席を拒否しています。トランプ大統領は自身のツイッターでアカウントが凍結される直前にアメリカ大統領就任式へ参加しない旨を投稿しており、これに対してバイデン氏は「良いことだ。彼は国家の恥だ」と痛烈に批判していました。

1月6日にはワシントンD.C.にある議事堂がトランプ支持者によって占拠されたばかりです。アメリカ大統領就任式に合わせてバイデン政権に抗議する人たちが再び集結する可能性もあることから、アメリカ大統領就任式会場周辺は早くも物々しい雰囲気に包まれています。

このように、2021年のアメリカ大統領就任式は「異例ずくめ」であることが分かります。

バイデン新政権の動き

アメリカ大統領就任式を控えているバイデン氏ですが、すでに公約実現に向けて動き始めています。

新型コロナウイルス対策について

バイデン新大統領はアメリカ大統領就任式に先立ち、新政権の最優先課題として挙げている「新型コロナウイルス対策」について速やかに取り掛かることを公言しました。

なかでも積極的なのが「全国民ワクチン接種」です。同氏は大統領就任後100日以内に1億人にワクチンを接種することを目標に、全米で数千箇所のワクチン接種拠点を確保すると発表しました。

また、大統領権限を行使することによって民間企業の協力を得て、ワクチン原材料の増産などにも取り組むとしています。このほかにも、100日間のマスク着用義務化など、一定の強制力も辞さない構えです。

1日4,000名が死亡する最悪の事態が続いているアメリカにおいて対策を急ぐバイデン政権ですが、トランプ大統領や支持者はこの動きを「社会主義」と批判しています。バイデン氏は、演説のなかで「アメリカのワクチン接種の取り組みは悲惨な状況」と危機感を募らせているものの、トランプ支持者を始めとする国民の支持が得られるか注目です。

「新型コロナウイルス対策案」について

1月14日、バイデン氏は全国民に一律1,400ドルの現金を支給する内容を盛り込んだ「新型コロナウイルス対策案」を発表しました。

この財政案は約200兆円規模で、現金支給の他に、失業給付金の上乗せを9月まで延長、中小企業支援、ワクチン配布、州政府支援などが含まれています。

現金給付は2020年3月に1,200ドル、2020年12月に600ドルの支給が決定しており、今回で3回目です。2020年12月の600ドル支給を巡っては、トランプ大統領は2,000ドルに増額するよう要求していたことから、珍しくバイデン氏と足並みが揃っています。

この財政案は今後上下両院で審議されますが、財政赤字を抑えたい共和党がトランプ退任後にどう出るか、そしてバイデン氏がうまくまとめられるかに注目です。

トランプ大統領の弾劾裁判について

バイデン氏は就任後にトランプ大統領の弾劾裁判を片付けなければいけません。

弾劾裁判では、議事堂占拠事件を扇動した疑いがあるトランプ大統領を裁くことが目的ですが、弾劾裁判が開かれる時にはすでに退任しているので、バイデン氏としては他の政策に集中したいのが本音でしょう。

一方で、トランプ氏が2024年の大統領選に出馬できないように、弾劾裁判で有罪を確定させたいと考える民主党議員も多く(弾劾裁判で有罪になれば公職復帰できない)、バイデン氏が目下の政策推進とトランプ氏の追及をどうまとめるかが見ものです。

アメリカ大統領就任式に参加しないトランプ大統領の動きは?

アメリカ大統領就任式に参加しないことを表明しているトランプ大統領の動きも気になります。

トランプ氏は自己恩赦の実行を検討中

トランプ大統領は退任前に自身や家族の恩赦を検討しているとされています。トランプ大統領は、連邦検察から議事堂占拠事件や大統領選結果改ざんなどについて起訴される可能性が残されており、退任後に刑事罰が下るかもしれません。

トランプ大統領は大統領権限によって自身を恩赦することで、これらの疑惑を一掃しておく「予防措置」を取ろうとしていると見られます。司法省は現職大統領を起訴しないという指針があるため、大統領在任中は起訴されずに済みました。しかし、退任後となると話は別です。

仮に、トランプ大統領が自身を恩赦すると極めて異例の事態になります。これまで大統領が自身を恩赦した事例はなく、その有効性を巡っては専門家の間で意見が割れています。

憲法では「(恩赦権限は)弾劾には適用できない」とあるだけで、自己恩赦を否定していません。つまり、憲法の解釈によっては自己恩赦可能となる訳です。一方、自身の罪は自身で裁けない原則に基づくと自己恩赦は無効と言えます。

民主党寄りのメディアであるCNNは、トランプ大統領が100名規模の恩赦や減刑を検討していると伝えていることから、アメリカ大統領就任式までに実施されるか注目です。

トランプ大統領の支持率の低下

アメリカのPew Research Centerによると、トランプ大統領の支持率が29%にまで低下しています。また、同氏が退任後は政界にとどまってほしくないと回答した人は68%とあります。

2020年は40%代の支持率を維持してきたトランプ大統領ですが、不正選挙を訴え続けたことや、議会占拠事件を扇動したことなどがマイナス評価につながったと見られます。

一方、バイデン氏に対しては64%の人が好意的な意見を持っているとしており、アメリカ大統領就任式を控える立場としては悪くない環境にあります。

トランプ大統領としては支持率の低下よりも、政界残留に対する否定的な意見が多いことは想定外かもしれません。

アメリカ大統領就任式を巡る、周辺の動き

このほか、アメリカ大統領就任式を巡って色々な動きが出ています。

アメリカ大統領就任式には、25,000人規模の州兵派遣

アメリカ大統領就任式が開催されるワシントンD.C.は州兵25,000人が配備される厳戒体制です。アメリカ大統領就任式の1週間前からいたるところに州兵が配備され、議事堂周辺の地下鉄の駅は閉鎖、アメリカ大統領就任式前後は同エリアでAirbnbの予約ができない状態になっています。

また、アメリカ大統領就任式に合わせてトランプ支持者が抗議活動できないようにするため、ツイッターは7万件のアカウントを永久凍結、航空会社は危険人物が首都に集結できないように搭乗拒否する対応を取っています。警察に正式な届け出があったデモも大半が却下されており、トランプ支持者からすれば弾圧とも言える事態が起きています。

ワシントンD.C.以外でも政府機関は警戒を強めています。各州の州議事堂はアメリカ大統領就任式当日の閉鎖を決め、職員は出勤禁止になりました。筆者が暮らすアリゾナ州でもアメリカ大統領就任式当日、主要政府系機関は封鎖または特別警備になっており、一般市民は不要な外出を控えるよう呼びかけられています。

中米の移民集団がアメリカへ移動中

バイデン政権発足を受け、南米から移民集団(キャラバン)がアメリカに向かっています。今回、グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドルなどの南米諸国からアメリカに向かっている人たちはおおよそ250名とされていますが、今後はさらに増加すると見られています。

この背景には、移民に厳しいトランプ政権が終わり、多様性や人道的な政策に注力するバイデン政権に南米諸国の人たちが期待を寄せていることがあります。2020年4月以降、メキシコとの国境で拘束された不法移民は4倍近くになり、7万人を超えました。

バイデン政権が移民を歓迎する訳ではありませんが、アメリカ大統領就任式を待つようにして移民集団が移動し始めたことは、アメリカで再び不法移民が増加する前兆とも言えます。いずれ表面化するであろう移民集団の問題にバイデン政権がどう対処するのか注目です。

まとめ

以上、「アメリカ大統領就任式直前!気になる周辺の動きについて」でした。

1月20日のアメリカ大統領就任式に向けて各所の動きが活発になってきました。バイデン氏は就任直後からコロナ対策や経済政策に尽力すると見られます。一方で、遺恨を残した状態でホワイトハウスを去るトランプ大統領や支持者らの動向も気になります。

まずは、1月20日のアメリカ大統領就任式が無事に終わることを祈りつつ、各所の動きについて引き続き注目しましょう。

参考資料サイト

CNNニュース
https://edition.cnn.com/2021/01/17/politics/trump-pardons-expected/

Pew Research Center
https://www.pewresearch.org/politics/2021/01/15/biden-begins-presidency-with-positive-ratings-trump-departs-with-lowest-ever-job-mark/

本記事は、2021年1月19日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG