TAG

アメリカ

「アメリカ」をテーマにした記事の一覧です。「アメリカ合衆国」は50の州および連邦区から成る連邦共和国で、日本にとって、日米安全保障を結ぶ最重要の国家であり、名目GDP世界一位の経済大国です。また世界最高位の軍事大国としても知られています。

  • 2021年2月13日

学校専任の警察官!「スクールポリス制度」とは?

ドラマ「青のSP」の放送でも注目されている「スクールポリス制度」とは、どのような制度なのでしょうか?

アメリカでは常識、韓国でも導入されはじめているこの制度、日本ではまだ未導入ですが、2021年はじめドラマ化がされたこの「スクールポリス制度」について解説します。

  • 2021年2月10日

ミャンマー情勢を巡るアメリカと中国の対応(2021年2月)

ミャンマーでは近年、民主的統治が進んでいましたが、2021年2月1日にクーデターが起き、再び軍事政権に戻ってしまいました。

本記事では、ミャンマーの政治について、そしてミャンマー情勢を巡るアメリカと中国の対応について、アメリカ在住の日本人にレポートいただきました。

  • 2021年2月5日

【一般市民vs支配階級】アメリカの社会問題に発展中「GameStop騒動」とは?

いま、アメリカで社会問題となているのが「GameStop騒動」と呼ばれる、株価の乱高下です。

本記事では、バイデン新政権がスタートしてわずか2週目にして起こったアメリカの株式市場の荒れ模様について、アメリカ在住の日本人にレポートいただきました。

  • 2021年1月30日

【日本のメディアが報じないアメリカ大統領選】中国の介入や隠蔽を匂わせるラトクリフ・レポートとは?

2020年5月から2021年1月20日まで国家情報長官を務めたジョン・ラトクリフ氏は、「2020年アメリカ大統領選挙は、中国の介入を受けた」「FBIやCIAは真実を隠蔽している」などの疑惑を訴えています。

本記事では、ジョン・ラトクリフ氏の記した「ラトクリフ・レポート」について、アメリカ在住の日本人にレポートいただきました。

  • 2021年1月26日

【日本のメディアが報じないアメリカ大統領選】「クラーケンを解き放つ」とは?不正選挙の追及とその影響

2020年11月に行われたアメリカ大統領選挙は、紆余曲折の末、バイデン氏の勝利で幕を下ろしました。しかし、選挙が終わった後でも、「選挙に不正があった」と訴える女性弁護士がいます。

本記事では、2020年アメリカ大統領選挙において「不正を追及する女性弁護士」である「シドニー・パウエル弁護士」とその影響について、アメリカ在住の日本人にレポートいただきました。

特筆すべきは、アメリカにおいても、この件について、影響力が大きいテレビや新聞などのメディアが意図的に報じないことです。私たちも公務員総研編集部も全てのテレビやマスメディアを目を通しているわけではありませんが、日本でももっと大きく取り上げてもいいのではないかと考えおり、今回取り上げさせていただきました。

NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG