公務員になるための情報サイト

東京都で働く「小学校教員」の仕事内容・給料レポート

「東京都の公務員」として働く、女性「小学校教員」のキャリアレポートです。

今回は、その仕事内容や一日のスケジュール、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについてインタビューしたものを編集して掲載します。

2019年05月08日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次
はじめに
「東京都の小学校教員」を目指した理由
「東京都の小学校教員」の仕事内容について
「東京都の小学校教員」の1日の仕事の流れ
「東京都の小学校教員」の給料・残業・有給休暇について
この仕事で、働いているときに困ったこと
この仕事や職場でよかったこと
「東京都の小学校教員」の仕事エピソード
「東京都の小学校教員」の職場恋愛について
まとめ ー「東京都の小学校教員」を目指す方へメッセージ
東京都で働く「小学校教員」の仕事内容・給料レポート

はじめに

「東京都の公務員」として働く、女性「小学校教員」のキャリアレポートです。

「東京都の小学校教員」を目指した理由

小学生の時に出会った先生に憧れて、自分も同じような、生徒一人一人を大切にして、子どもたちの夢へ向かう気持ちを、伸ばしてあげられる教師になりたい、と思ったからです。

「東京都の小学校教員」の仕事内容について

小学校の教員で、低学年の担任をしている時は、図工、音楽も含めて、国語算数生活体育の授業も受け持っていました。高学年の担任の場合は、理科社会も担当しており、英語、図工、音楽は専科の先生にお願いしていました。

そして、1日のカリキュラム、1時間の単元ごとのカリキュラム、一週間の目標、1ヶ月の計画、学期の計画、年間の計画を立てて、指導要領を考えます。また、運動会や遠足、学芸会、音楽発表会、マラソン大会、社会科見学、その他の課外授業については、他の教員と連携をとって、進めていきます。

他に、月に1回行われる学校公開や、学習発表、展覧会、書写展示、PTA活動も行い、保護者と連携を取りながら、子供達を見守る活動も行います。PTAの中では、担当の職務を行います。子どもたちの通学路の見守りパトロールを行い、危険な箇所を警察署へ質問書と共に提出することもあります。

また、年に4回行う保護者会の準備や開催もあります。都が管轄している研究会や研修に参加して、自己啓発や学校全体のレベルアップのための勉強をします。その他には、区役所からの書類の記入などがあります。

「東京都の小学校教員」の1日の仕事の流れ

6:50 自宅を出て、電車にて通勤
8:00 学校到着
8:15 教室へ行きホームルーム

8:40~ 9:25 1時間目授業
9:30~10:15 2時間目授業
10:35~11:20 3時間目授業
11:25~12:10 4時間目授業

12:10~13:30 給食、昼休み、掃除

13:40~14:25 5時間目授業
14:30~15:15 6時間目授業、その後ホームルーム

15:30~16:30 書類作成テスト答案丸つけ
16:30~17:30 運動会実行委員会等の会議
17:30~18:30 1日の授業の振り返りと、翌日の授業案の作成

18:40 退勤
20:00 帰宅

「東京都の小学校教員」の給料・残業・有給休暇について

月給は約28万円(残業代込)、ボーナスは前期約50万円、後期が約70万円、年収は約450万円でした。残業は、基本的に申請できないのでサービス残業でした。

有給休暇は、子どもたちの授業のことがあるので、容易には取れませんでした。休日出勤の手当は、ほとんどありません。宿泊で出張の際は、約5,000円手当が出て、休日出勤分の振替ができました。

この仕事で、働いているときに困ったこと

一般的にも言われていますが、教員は残業代を申請できないため、自宅に持ち帰って仕事をすることです。早朝や残業も、完全にサービス残業化していました。6時間目まで授業がある際には、会議が終業時刻を過ぎてから開始されることも日常的にあり、それを改善する為の対策もありませんでした。

また、区役所からの提出書類等も多いのには大変苦労し、不登校の生徒の保護者の対応が難しいことも苦労したポイントでした。

この仕事や職場でよかったこと

公務員のため、ボーナスの増減があまりなく安定していたので、ボーナスを見込んで資金計画を立てることができたことです。また、夏休みなど長期休暇を取りやすいので、まとまった時間でいろんなことを計画することができました。

そして、産休育休をしっかりと取れるので、自分の子育てにも専念することができました。行事が入っていると有給休暇は取りづらいですが、時間単位で有給を取ることができるので、我が子が体調不良の際など、1日休み半日休みを取らずに、休みを調整できる点は、とても恵まれていたと思います。

「東京都の小学校教員」の仕事エピソード

1年生の担任を受け持った際の、秋の運動会で行ったダンスの練習中のことです。最初は集中できなかった子供達が、高学年のお兄さんお姉さんに熱心に教えてもらう中で、笑顔が溢れるようになり、伸び伸びと演技ができるようになりました。

1ヶ月弱の運動会の練習の中で成長する姿をみると、子どもたちの一生懸命な気持ちで、こんなにも変化するのだと感動しました。

6年生の担任をした際に、卒業式前の3月初めの謝恩会にて、来てくださる保護者の方々への手紙をサプライズで生徒の一人一人に書いてもらい読んでもらいました。保護者の方々の涙を流す姿を見て感動しました。

「東京都の小学校教員」の職場恋愛について

教員は、平日の仕事が忙しく出会いがあまりないので、職場恋愛がとても多かったように感じます。新任の頃から積極的な方は、早くに職場での恋愛をして結婚をされていました。職場以外では、研修や研究会にて、出会いがある方はいらっしゃいました。

また、上司の紹介で他校の先生方との飲み会や、前赴任先学校で校長をされてた方の親睦会があった際に、出会いがあった方もいらっしゃいます。

公務員というと、男性は婚活サイトでは受けが良いようで、そこでの出会いでご結婚までされた方もいらっしゃいます。

まとめ ー「東京都の小学校教員」を目指す方へメッセージ

未来ある子どもたちと過ごせる時間は、自分を成長させてくれ、やりがいのある仕事です。なりたいと思った気持ちを大切に、諦めずに前を向いて努力を続けてください。

教員(小中学校・高校)に関するおすすめ記事

地方公務員に関する新着記事

ページトップ