物事の決定がトップダウン!「私立高校の英語ティーチャー」の仕事内容・給料レポート

現役もしくは元・公務員へのキャリア・アンケートです。

今回は、「山梨県」にある「私立高校の先生(英語科)」(男性)に回答いただきました。

仕事内容、年収(給料・ボーナス)や残業状況・職場恋愛などについてアンケートしたものを編集して掲載しています。公立と私立の学校の比較などについても触れていただいています。

はじめに

山梨県の私立高校に勤務する「先生(英語科)」(男性)によるキャリアレポートです。

レポート者のプロフィール

公務員としての職業・勤務先:高校の先生(英語科) / 山梨県にある私立高校
性別:男性
雇用体系:正規雇用
所有資格:自動車運転免許

「高校の先生」を目指した理由

就職氷河期の中でブラック企業に入社するも精神を病んでしまい、一番教員がなるのに自分に特性があり、才能もあったと考えたからです。

「高校の先生(英語科)」の仕事内容について

高校の英語科の英語教員として働いています。

授業で英語を教えています。勤務する私立高校では、学力レベルは中学生レベルから大学生レベルの様々な学生がいますして、基準を設けて各自の課題に取り組むことができるよう日々課題を与えています。

また、特進の担当教員もしており全学年の特進を総括的に見るようにしています。そのため学年は3学年に渡り勉強の面倒をみています。また、進路指導を担当として教育をしています。特に、大学進学の担当をしており生徒が希望する進路に到達できるよう日々チェックをしています。

そのほか、学校の広報活動としての宣伝活動にも回ったりと多種にわたる業務を行なっており、生徒の面談やわからないところを積極的に答える担当として業務を行なっています。

部活では学習部という勉強のクラブを持っており、生徒の学習面での補助をするのみならず、スピーチ大会やディベート大会、数学オリンピックなどの各種勉強関係に関する行事について生徒が出場するために色々と段取りを測っております。

「高校の先生(英語科)」の1日の仕事の流れ

7時:自宅を出て、自動車で通勤する (道路の混雑状態にもよります。あと、朝食をコンビニでとったりします)
8時:到着
8時30分:職員会議
8時40分、たまに教務課だけでなく事務局など他の部署も含めた全体会議がなされます。
9時00分:授業が開始。一日大体少ない時で3コマから5コマの授業が入ります。日によってまちまちな形です。1日6時限の時間割です。
12時30分:お昼休憩(60分)
13時30分: 授業開始(英語の授業が行われます。また、たまにALTの先生との共同の授業になります。
16時00分:授業の終わり。
17時00分〜19時00分:部活(学習部)の指導。生徒の学習レベルのチェックなど勉強のサポートをします。
20時頃:帰宅

私立高校の先生(英語科)の給料・残業・有給休暇について

私が勤務した私立高校ですが、月給40万円(残業代込み)・ボーナス100万円(年3回の合計金額)ぐらいです。大体、年収600万円ぐらいです。

残業はたまにありますが、比較的のんびりとした私立高校だと思います。有給休暇は夏休みに大量に消費して大体2週間くらい休みになります。

私立高校で、先生として働いているときに困ったこと

働いているときに気になったことですが、私立高校ですので人間関係の面倒さがあげられると思います。閉鎖的な空間ですので人間関係がゴタゴタすると転勤はほとんどなくしんどい形になります。特に、オーナー企業のトップの権限が強く、幹部との距離感がすごく大事になってくると考えられます。ですので、日々、職員室を観察してトップの動向を探るなど疑心暗鬼になるケースがあると思われます。

改善したかった点ですが、勤務校は比較的合理的な説明がなされれば自由に活動できるのでその意味での改善点はありません。

私立高校の先生でよかったこと

私立教員であるので、物事の決定がトップダウンで決まり素早く行うことができます。公立の先生のように書類などの事務処理仕事に追われることはほとんどありません。

給料やボーナスは生徒数に依存するために常に安定しているとは言えませんが、一年目から正規雇用として雇用される人が多く、身分は保証されているので、私立教員で何年も非常勤講師をして国民健康保険を自分で支払わなければならない場合に比して恵まれていると言えます。

「高校の先生(英語科)」の仕事エピソード

生徒の成績面での成長がみれることは何よりも感動します。私と出会わなければ、全く別の人生を歩んでいた生徒が私と出会って勉強に邁進する子が何人かおり、やはり人様の人生に何らかの影響を与えそして成長させている様を見れるのは何よりも感動しています。

失敗したことは基本的にリカバーがきく内容ばかりですし、結果リカバーし続けているのでこの仕事で失敗したことはないと考えています。細かい失敗は数多くありますがそれほどのものではないので特にはありません。

大変だったことについては、生徒の指導は大変ですが、人様の人生に影響を与える仕事である以上当たり前の内容だと思っています。

私立高校の職場恋愛について

閉鎖的な環境ですので、職場での結婚や恋愛はあります。しかし、自分は職場での恋愛は私立という閉鎖空間である以上、のちにごたつくことは目に見えているので他人の恋愛に全く興味がなく、また職場における恋愛の統計事情は分かりかねるので他との比較材料が不明なため多いか少ないかは判断できません。ただ、職場恋愛、そのままゴールインで結婚というのは存在します。

職場以外の縁ですが、合コン、ナンパ等の普通の会社員が行うような出会いと変わらないと考えます。

まとめ – 「高校の先生」を目指す方へメッセージ

今は圧倒的に教員数が足りてなく、給料もIT系に比べ安いので本当に優秀な人はほとんどいない市場です。私立教員の正社員は運次第なところもありますが能力値は低くても問題ないので、なりたいと思ったら誰でもなれますので安心して頑張ってください。

本記事は、2020年5月17日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG