保健室の先生(養護教諭)の校種ごとの仕事内容について

今回は、私立高校で5年、一律の小学校で10年、保健室の先生(養護教諭)として働いた経験を持つUさんに「養護教諭の校種ごとの仕事内容」について取材し、まとめました。

保健室の先生(養護教諭)を目指す人に、ぜひ読んでもらいたい内容です。

はじめに – 保健室の先生(養護教諭)が働く場所

保健室の先生(養護教諭)が働く場所は、当たり前ですが、「保健室」です。そして、たいていの教育施設には「保健室」があるので、保健室の先生(養護教諭)は、他の教科の教諭と違って、幼稚園から大学まで、あらゆる校種で働くことができます。

幼稚園・保育園、小学校、中学校、高校、大学と、校種によって保健室の先生(養護教諭)の仕事内容には違いがあります。もちろん、校種を問わず、共通している仕事も多いです。

本記事では、「校種を問わず共通している仕事」「校種によって異なる仕事」について、それぞれ説明します。

保健室の先生(養護教諭)の仕事 – 校種を問わず共通して行う業務

まずは、保健室の先生(養護教諭)が共通して行う仕事について説明します。

保健室の先生(養護教諭)の業務その1:健康管理

保健室の先生(養護教諭)の主な仕事は、児童生徒、学生、そして教職員の健康管理です。

健康管理とは?

・年に1度の健康診断の計画、実施、記録、保存
・小学生であれば毎月、中学生であれば学期ごとに体重や身長、学校によっては視力検査を行う
・学校の中でケガをしたり、体調を崩したりしたときに保健室で手当てを行う
・保健室もしくは教室で病気やけがの予防や安全について授業や指導を行う

保健室の先生(養護教諭)の業務その2:健康相談活動

健康相談活動は、保健室の先生(養護教諭)の仕事で、注目されている業務の一つです。

健康相談活動とは、臨床心理士や精神科医、精神保健福祉士などが行うカウンセリングに似ています。

臨床心理士や精神科医、精神保健福祉士などが行うカウンセリングと違うところは、保健室の先生(養護教諭)は学校生活のいろいろな場面で、子どもと接することができるという点です。そのため、保健室を訪れる子どもたちの何気ない言葉や態度が普段と違うことを察知しやすく、子どもたちも心を開きやすい環境にあります。

健康相談活動を通して、家庭での虐待や学校の中でのいじめなどを発見することもあります。保健室の先生(養護教諭)は、そうして発見したトラブルを、医療機関や公的機関へ橋渡しすることもあります。

保健室の先生(養護教諭)の仕事 – 校種特有の仕事

次は、校種特有の仕事について説明します。

保健室の先生(養護教諭)の仕事:幼稚園(こども園・保育園を含む)

幼稚園の中の保健室の先生(養護教諭)は残念ながら「保健室の先生」としての職務だけをすればいいということはありません。

なぜなら、幼稚園の教職員数は少人数であることが多く、保健室の先生(養護教諭)も、他の教職員の一員として、掃除やプール当番はもちろん、園によってはあらゆる雑用を任されたり、事務を任されたりすることも少なくありません。

そのため、「保健室の先生(養護教諭)」という夢を持って幼稚園に就職した保健室の先生(養護教諭)は、他の高種よりも、退職や転職率が高いです。

こういったことが長年続いているため、最近では採用の枠が「幼稚園」と「そのほかの校種」と分けられたり、幼稚園での職務内容の改善をしているところもあります。

保健室の先生(養護教諭)の仕事:小学校

小学校の児童は6年間在籍するため、救急処置から健康相談まで「ザ・養護教諭」の職務を味わうことができます。

最近は、団塊の世代の退職によって20代の新任教職員が多くなっています。そうなると、保健指導や救急処置や健康相談など、保健室の先生(養護教諭)が行った内容を保護者に説明する際、担任が保護者に説明するのではなく、保健室の先生(養護教諭)がすることも多いです。

保護者からのクレームも多くて大変な部分もありますが、6年間子どもの成長を見ることができるというのは、小学校養護教諭の特権かもしれません。

保健室の先生(養護教諭)の仕事:中学校

最も多感な時期であり、最も成長が見られる時期です。

思春期ということもあり、健康相談活動も「性」に関することが多くなったり、クラブ活動も本格的に始まるため、担任と保護者だけでなくクラブ顧問とのやりとりをすることも重要になってきます。

私の持論ですが、中学校の保健室の先生(養護教諭)には「軸」が必要です。
中学生ともなると、生徒たちは相手を見て態度を変えてきます。優しいだけでは保健室がたまり場になります。たまり場になりすぎて、最終的に保健室には鍵をかけ、けがや病気の対応をまずは職員室でするといった学校もあるようです。これでは、本来の保健室ではなくなってしまいます。

とはいえ、厳しいだけだと生徒は保健室に寄り付かず、これもまた保健室の意義がなくなってしまいます。

そのため、中学校養護教諭は自分の中に「軸」をもち、毅然とした態度で、時に厳しく時に優しく、中途半端な態度はとらないようにしないといけません。

難しいように思いますが、思春期の時期に寄り添い、共に成長できるという点では、中学校は最も面白い校種だともいわれています。

保健室の先生(養護教諭)の仕事:高校・大学

高校や大学の保健室の先生(養護教諭)は、健康相談活動が主な仕事です。

生徒や学生の心に寄り添い、人生の先輩としてアドバイスをする場面も多いです。

採用されて初めての校種が高校や大学だと、自分の経験や力量の少なさから自信を失うことも多いかもしれません。

また、高校や大学は生徒の人数が多いため、保健室の先生(養護教諭)が2人以上の複数配置の場合もあり、保健室の先生(養護教諭)同士の人間関係も重要になってきます。一人で業務を行うことに慣れている保健室の先生(養護教諭)同志が一緒に働くことは、意外と難しいです。

「国立学校の養護教諭」と「公立学校の養護教諭」について

保健室の先生(養護教諭)として働くうえで、校種以外にもう一つ選択肢があります。それは、学校が国立か公立か私立か、ということです。

それぞれの学校で働いた場合の立場は、国立の学校で働く養護教諭は「国家公務員」、公立の学校で働く養護教諭は「地方公務員」、私立の学校で働く養護教諭は「非公務員」です。それぞれに給与や待遇、仕事内容などに違いがあるので、自分に合った学校で働くのが一番だと思います。

なお、国立学校と公立学校は、「国が運営しているから同じようなもの」と思ってしまう人も多いですが、公立の学校から国立の学校に移動したい場合、「地方公務員」と「国家公務員」で立場が違うため、一度退職して異動することになります。

似てるけど違う「養護教諭」と「養護教員」

養護教諭と養護教員の違いは、看護師の免許を持っているかどうかです。看護師の免許を持つのが、「養護教員」で、いわゆる保健室の先生が養護教諭です。

保健室の先生(養護教諭)は、現在では教育大学をはじめ「養護教諭」の免許が取れる教育機関を卒業する者が大半ですが、一昔前は看護師の資格を取るための看護学校を卒業し、大学もしくは専門の機関で保健師、教員免許を追加で履修する者も多くいました。「保健室の先生=看護師さん」というイメージが今でもあるのは、そのためです。

ちなみに、私立の学校は現在でも看護師の資格をもって保健室に勤務する「養護教員」が好まれます。「学校」という枠の中では、看護師の資格を持つ養護教員ができることと、養護教諭ができることに変わりはありませんが、保護者への「印象」が違うからです。

暇そう?保健室の先生(養護教諭)という仕事内容への、世間の思い込み

保健室の先生(養護教諭)という仕事は、同じ学校で働いている教職員でさえ、理解してもらえないことがあります。「暇そう」や「楽そう」など、子どもと同じ視線でみられることも少なくありません。

そのため保健室の先生(養護教諭)として学校の中で認められるためには、職務を確実に行い、自ら教職員に積極的に声をかけ、情報を共有し、些細なことも報告することが重要です。当然。コミュニケーション能力が必須となります。

保健室の先生(養護教諭)はドラマや漫画の中で出てくるような華やかな職種ではありません。学校の中で、子どもたちの心と体の健康を陰から支え、教職員や保護者の話を聞き、関係を調整する役を担うこともあります。

保健室の先生(養護教諭)は看護師や医師ではないため、治療も投薬もできません。担任ではないため、表に出ることもありません。保護者ではないので子どもたちの人生の一部しか見られません。

そのため、働き始めて仕事に慣れたころに「これは誰でもできる仕事なのかもしれない」と思い、自身の職務に自信を無くすこともあります。

その時に、そこで止まるのではなく、自分が働いている校種に必要な専門的知識を自ら学び、身につけ、磨くことで、自分の仕事に自信を取り戻してほしいです。

また、得た知識を児童や生徒、教職員に還元することで、今まで気付かなかった学校の中での「自分の新たな職務」を発見することもあります。そうしていく中で、「やっぱりこれは私にしかできない仕事だ」と再確認できると思います。

まとめ – 編集部より

今回は、保健室の先生(養護教諭)として働いた経験を持つUさんに、校種を問わず行う仕事と、校種特有の仕事について聞くことができました。

「保健室の先生(養護教諭)」という存在は身近でも、その仕事内容まで理解している人は多くありません。ですが、誰でも必ず保健室にお世話になった経験があるはずですし、学校には保健室の先生(養護教諭)が必要不可欠です。

本記事を通して、保健室の先生(養護教諭)の仕事について、ぜひ理解を深めてください。

本記事は、2020年6月2日時点調査または公開された情報です。
記事内容の実施は、ご自身の責任のもと、安全性・有用性を考慮の上、ご利用ください。

気に入ったら是非フォローお願いします!
NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG