TAG

アメリカの歴代大統領特集

  • 2019年12月19日

アメリカ第32代大統領フランクリン・ルーズベルトについて

アメリカ合衆国の大統領シリーズ、第31回目は、第32代大統領を務めたフランクリン・ルーズベルトです。フランクリン・ルーズベルトは両足が不自由であり、アメリカ史上唯一、重い身体障害を持った大統領として知られています。 公務員採用試験の「外交」や「歴史」で押さえておきたいテーマです。

  • 2019年12月11日

アメリカ第31代大統領ハーバート・フーヴァーについて

アメリカ合衆国の大統領シリーズ、第30回目は、第31代大統領を務めたハーバート・フーヴァーです。ハーバート・フーヴァーは、第二次世界大戦時、日本へ原爆を投下したことを強く非難している大統領として有名です。 公務員採用試験の「外交」や「歴史」で押さえておきたいテーマです。

  • 2019年10月25日

アメリカ第30代大統領カルビン・クーリッジについて

アメリカ合衆国の大統領シリーズ、第29回目は、第30代大統領を務めたカルビン・クーリッジです。カルビン・クーリッジは、寡黙な大統領として有名であり、しばしば「寡黙なカル」と呼ばれていました。 公務員採用試験の「外交」や「歴史」で押さえておきたいテーマです。

  • 2019年10月9日

アメリカ第28代大統領ウッドロウ・ウィルソンについて

アメリカ合衆国の大統領シリーズ、第27回目は、第28代大統領を務めたウッドロウ・ウィルソンです。 ウッドロウ・ウィルソンは、名誉学位ではなく、学問上の業績で博士号を取得した、唯一の大統領です。 公務員採用試験の「外交」や「歴史」で押さえておきたいテーマです。

  • 2019年10月7日

アメリカ第27代大統領ウィリアム・タフトについて

アメリカ合衆国の大統領シリーズ、第26回目は、第27代大統領を務めたウィリアム・タフトです。ウィリアム・タフトは、大統領職に就任する以前、第10代アメリカ合衆国最高裁判所長官を務めていました。 公務員採用試験の「外交」や「歴史」で押さえておきたいテーマです。

  • 2019年10月3日

アメリカ第26代大統領セオドア・ルーズベルトについて

アメリカ合衆国の大統領シリーズ、第25回目は、第26代大統領を務めたセオドア・ルーズベルトです。セオドア・ルーズベルトは、当時、アメリカ史上最年少で大統領に就任したことで知られる人物です。 公務員採用試験の「外交」や「歴史」で押さえておきたいテーマです。

  • 2019年9月24日

アメリカ第25代大統領ウィリアム・マッキンリーについて

アメリカ合衆国の大統領シリーズ、第24回目は、第25代大統領を務めたウィリアム・マッキンリーです。ウィリアム・マッキンリーは、その肖像が1928年から1946年の間、500ドル紙幣に使用されていたことで有名です。 公務員採用試験の「外交」や「歴史」で押さえておきたいテーマです。

  • 2019年9月22日

アメリカ第23代大統領ベンジャミン・ハリソンについて

アメリカ合衆国の大統領シリーズ、第23回目は、第23代大統領を務めたベンジャミン・ハリソンです。ベンジャミン・ハリソンの祖父は、第9代アメリカ大統領を務めたウィリアム・ハリソンです。 公務員採用試験の「外交」や「歴史」で押さえておきたいテーマです。

  • 2019年9月13日

アメリカ第22、24代大統領グロバー・クリーブランドについて

アメリカ合衆国の大統領シリーズ、第22回目は、第22・24代大統領を務めたグロバー・クリーブランドです。グロバー・クリーブランドは、連続ではない2期、大統領を務めた人物として有名です。 公務員採用試験の「外交」や「歴史」で押さえておきたいテーマです。

  • 2019年9月11日

アメリカ第21代大統領チェスター・アラン・アーサーについて

アメリカ合衆国の大統領シリーズ、第21回目は、第21代大統領を務めたチェスター・アラン・アーサーです。チェスター・アラン・アーサーは、政治家になる以前は、弁護士として働いていました。 公務員採用試験の「外交」や「歴史」で押さえておきたいテーマです。

NO IMAGE

第一回 公務員川柳 2019

公務員総研が主催の、日本で働く「公務員」をテーマにした「川柳」を募集し、世に発信する企画です。

CTR IMG